SMM4101

シングルマザーが就職する時に気をつけるべき5つのポイント

シングルマザーにとってお金を稼ぐことは不可欠ですが、実際に就職する時には様々な問題が出てきます。実際に多くのシングルマザーの方が仕事探しで悩んでいると聞きます。今回は、シングルマザーの方が就職するときに大切なことや注意するポイントについてまとめてみました。

SMM4101

シングルマザーにとってお金を稼ぐことは不可欠ですが、実際に就職する時には様々な問題が出てきます。実際に多くのシングルマザーの方が仕事探しで悩んでいると聞きます。今回は、シングルマザーの方が就職するときに大切なことや注意するポイントについてまとめてみました。

 

(1)シングルマザーの就職、やっぱり難しいの?

SMM4102

シングルマザーの就職は実際にはどれくらい難しいのでしょうか? シングルマザーは、子どもの学校の外せない用事や子どもの病気などで帰らなければならないことも多く、良い仕事であっても家庭と両立できずに仕事を辞めなければならなくなってしまうこともあります。就職する時にも、資格や経験などがないと就職は難しいとも言われています。しかし、シングルマザーに対して理解のある企業も多く、自分のアピールの仕方で結果は変わってきます。自分を追いつめて無理をせずに、家庭と両立できる仕事を探していきましょう。

 

(2)ここがポイント! シングルマザーの就職必勝法!

SMM4103

シングルマザーの条件に合う良い就職先というのはなかなか見つからないものです。良い仕事が見つかったときに採用のチャンスを逃さないよう、準備を万全が必要です。

①シングルマザー特有の質問の答えを準備しておく
面接のときに、シングルマザーであれば必ず聞かれるような質問があります。このような質問には、十分に準備して面接に臨みましょう。例えば、子どもの健康面について聞かれた場合は、子どもの元気な様子を伝えれば面接官も安心すると思います。子どもになにかあった場合のフォロー体制に関しても、非常時に子どもを預かってくれる家族や友達がいる場合はそれを伝えるのもいいかもしれません。

②子どもを預ける先を確保する
子どもになにかあったときには必ず仕事を抜けなければならない……というよりも、預かってくれる人がいる場合の方が、企業も安心して仕事を任せることができ、仕事の幅が広がります。保育園や学童へのお迎えなども、面接の際には、自分で行かなければならないのか、お迎えに行ってくれる人がいるのかを明確にしておく必要があります。身近に頼める人がいない場は、市役所などへ相談すると預け先を紹介してくれる場合もあります。

③就業条件を譲歩することも必要
シングルマザーのライフスタイルに合うような就職先を探すことはもちろん必要ですが、あまりに細かく希望を決めてしまうと、なかなか就職先が決まらないかもしれません。そのような場合は、例えばフルタイムを希望していたとしてもパートタイムにしてみるというやり方もあります。子どもが小さいころは特に目が離せませんが、だんだん大きくなるにつれて、子どもも自立し、ある程度自由に働けるようになります。子どもが少し大きくなってからフルタイムに変更するということもできる企業も多いため、一番忙しい時期はバートタイムで働くというのもおすすめです。資格を持っていると、パートタイムであっても他の人々より賃金が高くなることもあるので、資格を取るのも有効です。

 

(3)これはNG! シングルマザーの就職の注意ポイント

SMM4104

今度は逆に、シングルマザーの就職のときにしてはいけないことについてまとめてみました。

①自分を追い込まない
面接のときに、採用されようと願うあまり、土日に出勤することが難しいにも関わらず、土日にも出勤できる可能性があるといった趣旨のことを言ってしまうと、たとえ採用が決まったとしても、後から自分が苦しくなってしまいます。最終的に辞めざるを得なくなってしまうため、面接官にはなるべく正直に伝えましょう。

②短期での離職を繰り返さない
なかなか良い就業条件の企業が見つからないからといって、家庭との両立が難しい企業に就業し、短い期間で仕事を辞めるということを繰り返すのはおすすめできません。仕事を短期で辞めてしまうと、面接官からもまたすぐに辞めてしまうのではないか? という印象を持たれてしまい、今度の就職にどんどん不利になってしまいます。なるべく長く働けるような企業を探していくことが重要です。

 

(4)最後に

SMM4105

いかがでしたか? 無理をすると長く続かないので、自分に合った仕事を探していくことが大切です。