mac-459196_960_720

シングルマザー起業0年目の成功マニュアル

シングルマザーの皆さんが一番困ることの一つといえば、やはりお金でしょう。会社で普通に働くのもありですが、起業するという選択肢もあります。今回は、シングルマザーとして起業する場合のメリットや注意点、そして本当に起業する場合にはどのようにすればよいのかを説明していきたいと思います。

(1)近年の起業に関する環境

 132

近年では大学生でも起業をするなど、昔と比べると起業のハードルは下がってきています。日本人の民族性として安定志向が強く、起業に対しては消極的で、起業をしようとする人たちへの目線も冷ややかな傾向はありますが、近年のネットの普及や思考の欧米化の加速によって、起業に対するこういった偏見の目も徐々に薄れつつあります。そのため、現在では以前と比べてはるかに自由に、はるかに簡単に起業できる世の中となってきたのです。しかし、依然として安定志向が強く働き、起業家に対する投資は相変わらず消極的で投資を得にくいという現状も未だあります。また、起業をする側にも安定志向や消極性を観察することはでき、従来からあるような業種でしか起業しない傾向が見られます。このように、すでにビジネスがある程度発展しているような分野に企業が集中してしまい、さらに日本人の安定志向が働くことで、新しく企業を立ち上げても従来から存在する企業との競争に勝てず消滅していってしまうというケースが多いです。

確かに近年は昔と比べると起業がとてもしやすい世の中になってはいますが、明確な事業計画がないまま、とりあえずの感覚で起業してしまうと失敗してしまうので、起業する場合はしっかりと計画立ててから行いましょう。

(2)シングルマザーの起業は良い選択なの?

SMM_08_4_5 

もちろん、起業するということは一朝一夕でできる単純なことではないですが、実際にシングルマザーが起業することはよいと言えるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、ITや経営に関する知識がある程度ある場合は、起業するというのは良い選択肢の一つです。もちろん、現時点でそのような知識がない方でも、空いた時間を見つけて勉強することも良いですが、仕事と家事で時間的にあまり余裕がない場合は勉強する時間はなかなかとることは難しいかもしれません。

しかし、起業してある程度ビジネスが軌道に乗ればシングルマザーの皆さんにとってはとても大きなメリットがあります。一つは子育てとの両立が非常に容易であるということです。社員として会社に勤務する場合でも、アルバイトやパートとしてお店などで働く場合でも、どうしても時間の制約が非常に大きく、平日は一日8時間や9時間家を空けることになります。しかし、起業すればある程度は自分のペースに合わせて仕事をすることができるようになります。これは育児にあたっては非常に大きなメリットであると言えます。特に、オフィスなどを持たず自宅からネットを使って事業を展開すれば、テナント料などもかからないうえ、子どもにもつきっきりでいることができます。

そしてもう一つの大きなメリットは成功すれば収入が大幅に増加することも期待できるということです。会社に、特にアルバイトやパートとして働いている場合は長時間にわたって働いたとしても得られる収入は限られてきます。一方で、起業して自分の事業を展開し成功を収めることができれば、収入はとても高くなることが期待できます。

しかし、失敗すれば大きな損になってしまう危険性があるということもしっかりと把握しておく必要があります。そのリスクを背負う覚悟を持ったうえで、事業の計画を練ってから起業に取り組むようにするべきです。

(3)起業をするにあたってまずするべきことは?

 SMM_08_4_4

では、いざ起業を決めたら何をするべきなのでしょうか。まずは、前述の通りしっかりと事業計画を練ることが大切です。起業すると言っても、シングルマザーの皆さんにとって一番に優先しなければならないのは自分と子どもの生活ですので、資本金はそれほど用意しなくても大丈夫です。資本金がほとんどなくても展開できるサービスを考えるところから始めましょう。この時、各方面のリサーチをしっかり行っておかないと、ビジネスの失敗につながってしまうので、しっかりとビジネスの方向性を吟味するようにしましょう。この時大切なのは、現在どのような需要があり、どのような供給が少ないのかをしっかり見極めることです。需要が少なく供給が多い市場へ入っていっても利益は見込めません。斬新なビジネスに挑戦するのも良いですが、そのためには多額の資本が必要となってくる場合も多いので、ありきたり過ぎず少し新しい、需要の見込める分野に参入すると良いでしょう。

そして、起業の手続きの中で最初に行わなければならないのは定款の作成です。行政書士または司法書士の方に依頼して定款を作ってもらいましょう。そして、法務局のホームページからダウンロードできる各種書類をダウンロードし、記入しましょう。そして、そのほかに必要な印鑑や印鑑の証明書などを持参して法務局にて手続きを済ませれば、起業が完了します。

(4)最後に

 314

起業というのは、現在の日本社会では比較的敷居の低いものとなってきました。しかし、だからといって起業することのリスクが無くなった訳ではありません。起業する場合はしっかりと事業内容を練り、知識を身に着けて、準備が万端となった状態で起業するようにしましょう。