211

知らないなんて損すぎる!今流行りの在宅ワークを紹介!

主婦になると、子どもと遊ぶ時間や家庭のための時間はたっぷりとれるけど、仕事をするのはなかなか難しいところですよね。でも本当は、少しの時間子どもを預けて働いてお金を稼ぎたい……という人も多いのではないでしょうか? そこで、主婦ながらも見事に在宅ワークでちゃっかり働いているママさんおすすめの職種を紹介します。

211

主婦になると、子どもと遊ぶ時間や家庭のための時間はたっぷりとれるけど、仕事をするのはなかなか難しいところですよね。でも本当は、少しの時間子どもを預けて働いてお金を稼ぎたい……という人も多いのではないでしょうか? そこで、主婦ながらも見事に在宅ワークでちゃっかり働いているママさんおすすめの職種を紹介します。

 

(1)イマドキ主婦の在宅ワーク①記事作成

212

一つ目は、Webサイトなどに掲載される記事を作成する仕事です。「え、記事を書くなんて難しそう!」「私にできるかな?」という人も、記事も仕事もいろんな種類があるので大丈夫! 仕事は、まずは1本書いてみたり、依頼者と作成頻度を相談したりすれば、自分の力量や使える時間に合わせて自由に働くことができるでしょう。記事も、100字程度の体験談レベルから募集しているものもあり、長いコンテンツは書けない人もチャレンジできそうです。

気になる報酬は……? 記事の種類やコンテンツの量によっても変わりますが、日本最大級のクラウドソーシングサイト「ランサーズ」で相場を見てみると、500字〜1000字で200円〜1000円程度。中には、写真を交えた記事で1500字で2000円という依頼も! 1本単位だと大きな収入とはなりにくいものですが、自分が好き・気になるテーマの記事を継続的に書くことによって、その分野の知識が増え、自分にとっても有意義かもしれません!

 

(2)イマドキ主婦の在宅ワーク②クラウドソージング

213

先ほどの記事作成でもちらっと出てきた、「クラウドソーシング」は、ネットを活用して不特定多数の人に仕事を外注できるサービスです。一連のやりとりは原則ネットを介して行われ、打ち合わせもすべてネット上。最近フリーランスや在宅勤務など、働き方が多様化している状況に伴って、一部のWebデザイナーやプログラマーは、このクラウドソーシングだけで生計を立ててしまう人もいるほどです。

クラウドソーシングは、記事作成だけでなく、アンケート回答や翻訳など多種多様な仕事があります。記事作成するほどの自信や時間がない……という人はアンケートに回答することでちょっとしたお小遣い稼ぎにいいですし、実は英語が得意! という人はその英語力を活かして、翻訳や英語音声の文字起こしなどもできます。

主婦にとって、クラウドソーシングが優れている点は3つ。まず、場所を選ばないこと。家を離れて仕事をすることが難しい主婦にとっては、パソコン1台あれば可能なので、ぴったりですね。次に、仕事を選べること。入力作業、英語を使った仕事など、得意な仕事のみを引き受けられるので、仕事に負担を感じにくくやりがいが得られやすい特徴があります。そして、好きな時間に働けること。基本的に、納期までに仕事が終わっていれば良いので、仕事の開始時間も終了時間も自由自在。マネジメントが得意な人なら、うまくすきま時間を使って稼げます。

 

(3)イマドキ主婦の在宅ワーク③データ入力

214

パソコンが使えるあなたには、データ入力もおすすめです。文字を打ち込むことができれば特別なスキルはいらないのが、嬉しいポイント。報酬は、タイピングの速さによって時給換算すると差は出てしまいますが、慣れて打ち込みが速くなれば、少しずつ時給換算でお給料が良くなっていきます。主婦の間にタイピングが得意になれば、子育てが落ち着いて再就職するとなった時にメリットがあるかも!

 

(4)最後に

215

イマドキ主婦は、パソコンやネット環境を活かして、家でもどんどん仕事をしています。子育てや家庭だけでなく、ぜひ仕事にもチャレンジしてみましょう! 毎日ちょっとした作業で、毎月少し贅沢をしたり貯金につながったりできるかもしれませんよ!