281

上手に見極めて!主婦がパート求人を選ぶコツ

子育てをしながらパートをするのはとても大変なことです。なかなか思い通りにならないこともあるでしょう。もちろん仕事をしていれば怒られることや注意を受けることはたくさんあるでしょうし、責任を取らされることだってあります。特に仕事を今までしたことがない人、仕事を辞めてからの期間が長い人はいざ働きに出て行った時に自分で自分にショックを受ける場合が少なくないのです。そうならないためにも、主婦は上手にパートを選ぶ必要があるのです。 今回は、そんなパートを選ぶ基準についてご紹介します!

281

子育てをしながらパートをするのはとても大変なことです。なかなか思い通りにならないこともあるでしょう。もちろん仕事をしていれば怒られることや注意を受けることはたくさんあるでしょうし、責任を取らされることだってあります。特に仕事を今までしたことがない人、仕事を辞めてからの期間が長い人はいざ働きに出て行った時に自分で自分にショックを受ける場合が少なくないのです。そうならないためにも、主婦は上手にパートを選ぶ必要があるのです。

今回は、そんなパートを選ぶ基準についてご紹介します!

 

(1)パート求人を選ぶコツ①家からの距離を重視

282

お母さんは仕事と子育てを両立しなければいけないので、なかなか長時間家を離れることはできません。

子どもが小さいうちは、子どもが学校、もしくは保育園に行っている間だけは時間が作れるようになりますから、その間だけ働ける仕事を探しましょう。

逆に言えば、それ以外は家にいることができる仕事がベストです。子どもが小学生だとすれば、自分が自由に動ける時間帯は、9:00から15:00くらいまででしょう。職場まで時間をかけて通勤するとそれだけで時間が取られてしまい、働く時間が取れなくなってしまいます。わずかな時間は有効に活かさなければなりません。自転車や徒歩ですぐに行ける場所にあることは必要な条件です。出来れば学校にもすぐに行ける場所であったほうが良いですね。身近であるスーパーや工場が選ばれやすいのも納得です。

 

(2)パート求人を選ぶコツ②時給ばかりを気にしない

283

仕事を探す上でついつい時給ばかりに目を奪われてしまうのも当然です。ですが時給もそれなりにきちんと出る仕事というのは、、抱える従業員数を減らしたい中小企業など、週5勤務で長時間労働を課すところが多いんです。そうすると子供と一緒にいる時間が少なくなってしまいますし、休みなどの融通も利きづらいですよね。子どもが体調を崩せば学校からいう呼び出しがあるかわかりませんし、健康状態が悪くなれば家で付きっきりで看病をしなければいけない様な、子どもが小さい子育て主婦には向いていないのです。給料よりも、自分が働きやすい環境を選びましょう。

 

(3)パート求人を選ぶコツ③条件に自分の無理が無いか確認

284

無理をして、拘束時間が長い仕事は選場ない様にしましょう。何を優先すべきかを忘れてしまうのは本末転倒です。事務系の仕事などは、比較的賃金の安くなってしまうかもしれませんが、アットホームで母親に対する理解がある、融通が利きやすい職場も数多くあります。

パートが初めてというお母さんは、雑用で収入も多くはなかったとしても、簡単な電話番や書類の整理などから始めることをお勧めします。

 

(4)最後に

285

以上、子供を持つお母さんのためのパートを選ぶ基準についてご紹介しました。

実際にパートタイマーとして働いている主婦の方々への調査によると、月にだいたい3万円から8万円ほど稼ぐ人がほとんどのようで、小学生の子どもがいるパートタイマーの平均年収額は122.7万円という結果が出ています。パートの他にも、自分の家で出来る在宅内職や在宅アルバイトなども人気です。シール張りや袋詰めなども量をこなせばかなりの額になりますし、またデータ入力も、1件4.5円程度、決算処理の入力が出来る人は1件7,000円程度まで、自分の能力次第でもらえる額が決まってくるので、こういった内職バイトもオススメですよ。

パートは、最初は時給を重視したり、経済的な心配から長時間の勤務に入ったりしがちですが、必ずしもそれが全てではありません。育児と仕事のバランスを取るのが大切です。無理をしない程度に頑張ってくださいね。

引用出典:
http://専業主婦パート探し.com/dorekurai.html
https://j-sen.jp/?utm_source=accesstrade&utm_medium=affiliate&utm_campaign=accesstrade