541

シングルマザーの仕事観〜大切にしていること〜

母子家庭の平均収入はとても低く、その半数以上は貧困状態にあると言われているほどその生活は大変なものです。 平日は働き詰めでも生活するのが精いっぱいで、贅沢なんてできないかもしれません。子供が寂しい思いをしているのではないか、といった不安もあるでしょう。平日仕事をしている分、休日は子供との時間を重視して家事を頑張ったり外出したりする人も多いと思いますが、頑張り過ぎても身がもたなければ意味がありません。 今回は、シングルマザーがどのような基準で仕事を選べばいいのか、また仕事と育児とのバランスをどのようにとるべきなのかについてご紹介します!

541

母子家庭の平均収入はとても低く、その半数以上は貧困状態にあると言われています。仕事と家事を両立するシングルマザーの生活は大変なものです。

平日は働き詰めでも生活するのが精いっぱいで、贅沢なんてできないかもしれません。その中で子供が寂しい思いをしているのではないか、といった不安もあるでしょう。平日仕事をしている分、休日は子供との時間を重視して家事を頑張ったり外出したりする人も多いと思います。しかし、頑張り過ぎても身がもたなければ結局どっちも中途半端になってしまいます。そんなこと絶対嫌ですよね!

今回は、シングルマザーがどのような基準で仕事を選べばいいのか、また仕事と育児とのバランスをどのようにとるべきなのかについてご紹介します!

 

(1)シングルマザーの仕事選びには基準がいっぱい  

542

シングルマザーには、ワークライフバランスや子供の保育先など悩みの種が多いですよね。そうなると仕事探しの条件が増え、職種が限られてきます。理想的な条件で働ける職種は人気となり、倍率が高くなるため就職することが難しくなります。

仕事探しに行き詰った時は一度、仕事探しの条件を見直してみてはいかがでしょうか? 次にあげる条件で仕事を探してみると、今まで見えていなかった仕事が新たな選択肢として見えてくるかもしれません。

まず、将来を見据え、先が明るい仕事であるかを考えましょう。具体的には、資格が取得しやすいかどうか、その会社で働きながら身に着けたスキルが他の会社でも役立つかどうか、またその仕事では昇給や昇格が見込めるのか、を考えてみてください。

次に、シングルマザーを求める仕事を探してみましょう。シングルマザーの採用により助成金がつく制度を利用している会社もあります。そういった会社ならばシングルマザーへの理解もありますし、門戸も広く開放されています。

また、少し視点は変わりますが、どこでもいいから就職、という考えは避けましょう。一つの職業を長く続けず、転々と職を変えていると「どうせまたすぐ辞めるんだろう」と履歴を見る面接担当者の目も厳しくなってきます。

 

(2)みんなはどう?シングルマザーの仕事観

543

仕事で子供と触れあう時間が減ってしまうという不安もあるでしょう。また自分ひとりで子供の養育費や生活費を稼げるのか、という不安もあるでしょう。そんな時、「私がしっかりしないといけない」という気持ちが強いシングルマザーの方はつい頑張りすぎてしまいがちです。しかし、一番いけない事は、一人で不安を抱え込んでしまうことです。お母さんの体調や表情の違いは、たとえ小さなものであっても子どもに伝わってしまうものです。子どもが一番悲しむのは、お母さんが辛い思いをしていること。気の優しい子だと「私さえいなければ」と考え込んでしまうかもしれません。お母さんが辛そうだと、子供との大切な時間さえお互いに負担がかかってしまいます。仕事を頑張るのは大切ですが、あなたの不幸せがそのまま子供の不幸せにつながる事も忘れないでください。

 

(3)シングルマザーの仕事と余暇のバランスって!?

544

お気づきのことかと思いますが、仕事と育児とのバランス、はとっても大切です。

そこで「子供との時間が持てないという悩みは数年後には消滅する」という事を頭に入れてほしいです。お母さん自身もそうだったように、子供は成長するにつれて一人の時間が必要になってきます。少し寂しい気持ちもしますが、母親の手が必要なのは子どもが本当に小さい時だけ。その苦労は数年間で終わります。子供が小さい今この時こそ、一緒にいてあげなければいけない時間。その間は育児に力を入れ、子供が成長してからバリバリ働くということも可能でしょう。

また、「子供と過ごす時間は、量より質。」という事も知っていてほしいです。一緒にいる時間が短いからと言って幸せじゃないわけがないし、愛していないわけでもないですよね。時間は短くてもその分濃い時間を子どもと過ごすことができたら、子供はきっとお母さんの愛を十分に理解してくれるでしょう。

 

(4)最後に

545

以上、シングルマザーの育児と仕事についてご紹介しました!

何か子育てや仕事にトラブルがあっても、自分を責めたりせずに自信を持って子育てを続けてみましょう。きっとあなたの愛は、お子さんにも届くはずです。

引用出典:
http://moomii.jp/lifestyle/singlemother-select.html
http://single-mama.hatenablog.com/entry/2015/01/21/220000