5261

シングルマザーがアパレルで働くことってできるの!?

シングルマザーの皆さんはどのような仕事をしていますか?シングルマザーだからと夢をあきらめていませんか?場合によってはその夢、あきらめなくて良いかもしれません。今回は、シングルマザーがアパレルの中の特に販売部門で働くことができるのかということを考えていきましょう。

5261

シングルマザーの皆さんはどのような仕事をしていますか?シングルマザーだからと夢をあきらめていませんか? 場合によってはその夢、あきらめなくて良いかもしれません。今回は、シングルマザーがアパレルの中の特に販売部門で働くことができるのかということを考えていきましょう。

 

(1)アパレルのお仕事はいろいろと大変

5262

まず、言うまでもなくアパレルの仕事は様々な面から見て大変です。ここでは大きく二つに分けてその大変さを説明していきます。

①ストレス面
アパレル業界は人と人との関係の中で洋服などを売っていく仕事なので、人間関係でのストレスに悩まされることが多いです。毎日何人ものお客さんに対応する中で少しずつたまったストレスが、ノルマなど、売らなければいけないプレッシャーと相交わり精神的につらくなることもあります。とてもナーバスな職場環境であることは心得る必要があります。

②出費面
シングルマザーにとって痛い出費となりかねない服装に関してです。アパレル業界では、働いている時の服装を自社製品にしなくてはいけないという規定のあるところもあります。そのようなところでは、少しは安く買えるもののそのブランドの服を買わなくてはいけません。大きな出費になりかねません。アパレルで働きたいという方は、洋服などファッションが好きなのでしょう。そのような方にとって、自由にファッションをして働けるのは素晴らしいことでしょうが、出費は覚悟しなくてはいけません。

いかがですか? 「思っていたより大変だな」と思われた方も少なくないのではないでしょうか?

(2)アパレルで働く人に必要な条件とは!?

5263

アパレルで働く人に必要とされる条件がいくつかあります。この点からもご自身にアパレルに適性があるのかを考えていきましょう。

まずは、コミュニケーション能力があることが必要です。これは、お客さんに売るときだけ必要なものではありません。流行に敏感である必要のあるアパレル店員は、業界内の人ともコミュニケーションをとり、新たな情報を常に仕入れ続ける必要があるのです。

次は、肉体労働もできることが必要です。アパレル店員は、通常考えられる印象と違い対面販売以外の裏方の作業が意外と多いということが一つの理由です。ヒールを履きながら、荷物の搬入を行う時もあるので、そんなときに挫折しないよう、頭に入れておきましょう。

最後に、ファッションが好きであることが必要です。当たり前のように思われるかもしれませんが、アパレルという厳しい業界の中で、その仕事を続けていく精神的支柱となるのでとても重要です。

 

(3)シングルマザーがアパレルで働くために気をつけることとは!?

5264

今までは、アパレルという仕事について、適性があるかなどを考えていきました。しかし、シングルマザーがアパレルの仕事をするに当たって注意するポイントがあります。見ていきましょう。

一つは、給料のわりに洋服代の出費がかさむことです。先ほど、これについては詳しく説明しました。シングルマザーは、節約が求められます。家計との相談のもとで働くようにしましょう。

もう一つは、土日に勤務が入りやすいことです。休日は、お客さんが多いため売り時なのです。そのため、土日に仕事をすることで、家庭とのバランスをとるのが難しくなってきます。シングルマザーの場合、特に子供との関係が疎遠になりやすいので注意が必要といえます。

 

(4)最後に

5265

アパレル業界が大変そうだと印象を持ったかもしれません。実際、大変です。いくらかの犠牲を覚悟したら、十分働けることは間違いありません。これを機に、シングルマザーとしてのご自身の幸せも改めて考えてみてください。