smm4331

母子家庭が貰える手当の種類と目安

父親と母親の両方がいたとしても、子育ては大変なもの。 母子家庭ともなれば、その負担は計り知れませんし、金銭的な不安もあるでしょう。 今の日本社会はシングルマザーに対して決して寛容ではありませんし、職を見つけるのも難しいのが現状です。 そんな経済的に厳しい生活に直面している母子家庭を救うためにあるのが国や地方自治体の手当です。 今回は、そんな支援手当の種類と、金額の目安についてご紹介します。 その仕組みを理解して、利用できるものは利用しましょう。

smm4331

父親と母親の両方がいたとしても、子育ては大変なもの。

母子家庭ともなれば、その負担は計り知れませんし、金銭的な不安もあるでしょう。今の日本社会はシングルマザーに対して決して寛容ではありませんし、職を見つけるのも難しいのが現状です。そんな経済的に厳しい生活に直面している母子家庭を救うためにあるのが国や地方自治体の手当です。

今回は、そんな支援手当の種類と、金額の目安についてご紹介します。その仕組みを理解して、利用できるものは利用しましょう。

 

(1)知っていますか?母子家庭の実情

smm4332

現在日本に108万2千人にもあるシングルマザー家庭。離婚率の上昇に比例してシングルマザーの数は今も増え続けています。
その平均年収は180万円と言われており、全国平均を大幅に下回るものです。さらに貧窮層にあたる年収125万円以下の世帯が48.2%になります。また生活保護や児童扶養手当などの手当を含めても年収は223万円ほどです。母子家庭の約半数はパート、アルバイトの雇用形態ということも大きく影響しています。

 

(2)こんなにあります!母子家庭が貰える手当

smm4333

シングルマザーがもらえる手当はたくさんあります。

①児童扶養手当(母子手当)

②ひとり親家庭等医療費助成制度

③母子家庭自立支援給付金

④就学援助制度

⑤住宅手当(住宅補助)

⑥住民税・所得税の減免

⑦交通機関の割引制度

⑧粗大ごみの処理手数料減免制度

⑨上下水道の減免制度

⑩保育料の免除と減額

⑪母子父子寡婦福祉資金貸付金

⑫福祉定期貯金

⑬常用雇用転換奨励給付金

などなどです。

これらがいくらもらえるか、また制度の対象者になるのかは、収入やその家族環境によって違います。

住宅手当は、20歳未満の子供を養育しているシングルマザーで、月に1万円以上の家賃を払っている場合に適用される制度です。

就学援助制度では、授業料は公立学校なら無料なのですが、そのほかに学用品費、通学費、修学旅行費、体育実技用具、給食費、医療費、宿泊校外活動費などが補助されます。

国民年金は減免、免除などが受けられる場合があるのですが、但し、将来受け取る年金額が減りますので注意が必要しましょう。

 

(3)すぐにわかる!母子家庭が貰える手当ての目安

smm4334

今回は、そのなかでも大きい、「児童扶養手当」についてご紹介します。

親が離婚し母子家庭、又は父子家庭で養育を受ける児童のために、それぞれの地方自治体から手当を支給してもらえる制度が「児童扶養手当」です。子どもが18歳以下であり、養育者の所得が一定水準以下であることが条件です。母親の両親などと暮らしているケースもありますが、その場合は、世帯内で一番所得が高い扶養義務者の所得を基準に月額を決定されます。児童扶養手当の金額は、受給者の所得や児童の数によって受け取れる額が異なっています。

シングルマザーの所得が高ければ高いほど、受け取れる手当の金額も低くなりますし、所得が低ければ受け取れる手当の額は高くなります。最大で月額4万2000円を受け取れるんです。

もし所得が130万円を超える場合には、4万2000円から徐々に金額が下がります。目安ですが、所得が150万円なら38,030円、200万円で31,210円を受け取ることができます。

受給者の所得が500万円ほどあると手当の対象からはずれます。

また全額支給の場合、児童が一人増えると基本額に5,000がプラス、3人目以降はプラス3,000円となります。

児童扶養手当の手当を受けるには、申請が必要です。場所は市町村の役所の福祉担当窓口や市民プラザの窓口で手続きを行いに行きましょう!

 

(4)最後に

smm4335

以上、母子家庭が貰える手当の種類と目安についてご紹介しました!

シングルマザーが利用できる制度はたくさんあります。

手続き、申請がいるものも多いので注意しましょうね。

参考元:
http://singlemotherbox.com/setuyaku-6/

http://母子家庭助成金.com/