4281

子供二人を抱えるシングルマザーに必要な生活費と支援制度

子どもが多くなると、大きくなったときの教育費とか食費とか、経済的にきつくなりそうで、不安もありますよね! 子どもが2人以上いることは確かにデメリットが生まれてしまいます。2人の子供を女手一人で育てるのは相当大変なものでしょう。 それはどのシングルマザー家庭でも同じこと。その悩みを一人で抱え込まないでください。 今回は、子供を2人育てるのに必要な費用と、またその時にもらえる支援についてご紹介します!ぜひ積極的に利用しましょう。

4281

子どもが多くなると、大きくなったときの教育費とか食費とか、経済的にきつくなりそうで、不安もありますよね!

子どもが2人以上いることは確かにデメリットが生まれてしまいます。2人の子供を女手一人で育てるのは相当大変なものでしょう。

それはどのシングルマザー家庭でも同じこと。その悩みを一人で抱え込まないでください。

今回は、子供を2人育てるのに必要な費用と、またその時にもらえる支援についてご紹介します!ぜひ積極的に利用しましょう。

 

(1)子供を2人も育てるのは大変…

4282
父親と二人でも大変な子育て。それを一人で受け入れるのは相当大変なことです。

しかも子どもが1人から2人に増えることで当然子育ての負担が増し、そこに費やす時間も伸びていきます。

自分のことに使うための時間も確保できないため、仕事に十分な時間を使うのも難しいでしょう。

子育てに追われていない周りの女性と比べて、疲労も増えるでしょうし、好きなことに回す時間も無くなってしまいます。

また子どもを産んだ後、体型を戻すのに苦労するママも多いかもしれませんが、これは出産を重ねるごとに大変になるため産前の体型に戻せたという人も、2人以上となると体のどこかに手に負えない部分が出てくるようですね。

また、一つ注意しなければならないことは、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)だから我慢しなさい」と上の子に我慢させてしまうこと。自分が手いっぱいだと、ついつい上の子まで手が回らないこともあるでしょう。子どもたちに寂しい思いをさせないような子育てを心がけましょう。

 

(2)シングルマザーが2人の子供を育てるために必要な生活費

4283

子どもが二人いた場合の、生活費について考えてみましょう。まず出産費は、第1、子第2子の出産にかかる医療費は平均45万円前後で、ベビー用品などはお下がりは使えるので、出産費用は少し安くなります。

子どもが小さいときの支出の例は以下のような感じでしょうか。

・出産にかかる医療費:45万円
・ベビーグッズやマタニティグッズ :3万円
・出産後1か月の第1子の保育費(幼稚園の延長保育・ファミリーサポートを併用):5万円
・住居費(2LDK賃貸):月10万円
・食費(3人分):月4.5万円
・光熱費:月2.5万円
・通信費(携帯・インターネット):月2万円
・日用品:月1万円 ・ミルク・おむつ:月1万円
・第1子幼稚園(私立・給食費含):月5万円
・夫小遣い:月3万円 ・妻小遣い:月1万円
・夫保険:月1万円 ・学資保険:月1.5万円×2人分
・貯蓄:月9万円(内、子供名義5万円) =合計:100万円

子どもが大きくなってくると、教育費もかかります。幼稚園は、私立だと月5万円程度、公立でも月3万円程度かかり、また入学金などで入園準備には10万円近くかかります。
公立の中学(3年約140万円)や公立高校(3年約150万円)の倍以上の授業料などが必要なのが、私立中学(3年約370万円)や私立高校(3年約300万円)に通った場合です。

参考値ではありますが、幼稚園から大学まで全て公立だった場合の基本教育費は約1,000万円、全て私立だった場合は約2,200万までにもなるんです。

 

(3)シングルマザーの生活を支える支援制度

4284

特に子供が多いと多くもらえる制度をご紹介します!

①児童手当
3歳未満は月額10,000円で3歳以上は第1子、第2子月額5,000円、第3子以降月額10,000円もらえます。

②児童扶養手当
児童が1人 だと月額41,720円、児童が2人 だと月額46,720円、児童が3人だと月額49,720円、以後児童が1人増えるごとに月額3,000円追加されます。

また遺族年金も子供の人数によって変わってきます。所得や加盟している制度によってもこれは変わってきます。

利用できる制度は積極的に利用しましょう。

 

(4)最後に

4285

以上、子供を2人持つことの色々についてご紹介しました!

様々な観点をご紹介しましたが、ここで何よりも大切なことは、自分のこれからをじっくりと考えるということです。ここが基盤にあれば、多少の困難があっても乗り切れるでしょう。ぜひ前向きにがんばってみましょう。

 

出典:
http://hoken-kyokasho.com/boshikatei-teat
http://papimami.jp/30618