4271

遺族年金を知っていますか?死別シングルマザーへの支援制度

育児は普通の家庭でも大変なもの。なのに、ひとり親家庭にはさらに困難が増えます。さらにシングルマザーともなると、仕事において女性ゆえの不利や困難も生じるので生活が苦しいこともあるかもしれません。 特に、夫と死別したシングルマザーの方、その置かれている状況は大変つらいものでしょう。 今回は、夫と死別した場合に受けられる支援金や年金制度についてご紹介します。

4271

育児は普通の家庭でも大変なもの。なのに、ひとり親家庭にはさらに困難が増えます。さらにシングルマザーともなると、仕事において女性ゆえの不利や困難も生じるので生活が苦しいこともあるかもしれません。

特に、夫と死別したシングルマザーの方、その置かれている状況は大変つらいものでしょう。

今回は、夫と死別した場合に受けられる支援金や年金制度についてご紹介します。

 

(1)死別シングルマザーへ、1人で抱え込まないないで

4272

子どもが大きくなったらお金はどうするのか、結婚したら一人でどうしているのか、そんな不安はいっぱいかもしれません。子どもの事を相談する夫がいなく、すべて自分一人で考えたりしなければならない、その負担は相当大きいものでしょう。そんな不安を抱え込まないでください。あなたの周りには、あなたを支えてくれる人がたくさんいます。

ちゃんとした補助金の制度もあります。

親や友人を頼りましょう、そして、何か行動をしてみましょう。金銭面では、役所や社会保険労務士等の専門家に相談することを強くお勧めします。以下で、母子家庭のお母さんが利用できる制度をご紹介するので、利用できるものは利用しましょう。

金銭面に不安があるのなら、資格を取ったり、育児と両立しやすい職種を探してみましょう。何かできることがあるはずです。

 あなたを支える!シングルマザーの支援制度15選

 

(2)死別シングルマザーを支える支援制度特集

4273

ひとり親世帯の命綱、と呼ばれているのが「児童扶養手当」です。
シングルマザーの14.4%が、生活保護を、8.5%は、公的年金を利用しています。そして72%もの人が利用しているのが「児童扶養手当」です。ひとり親世帯に対し、子ども1人の場合は1ヵ月あたり最大4万2000円が支給されます。

これゆえに「児童扶養手当」はひとり親世帯の「命綱」ということができます。なお、制度創設時は母子家庭に限定されていたこの制度は、2010年以後は父子家庭も対象とするよう変更されました。

また児童扶養手当が、シングルマザーの73.2%に利用されている一方で、生活保護を利用しているのは、シングルマザーの14.4%に留まります。
その理由は 生活保護制度は、「最低限度だけど、健康で文化的な生活」、つまり「贅沢ではないけれど、普通の暮らし」を実現するためにあるということ、つまり、一回生活補助を受けてしまうとぜいたくな暮らしができなくなる、というところにあります。例えば、健康保険証が使えず、医療券で医者にかかるなどの制約があったり、また車を持つことを制限されたりするんです。

なので、少しでも生活をよくできるのは、児童扶養手当になります。

 

(3)死別シングルマザーに知って欲しい遺族年金について

4274

家族の大黒柱に万が一のことが起こったとき、遺族に支払われる公的年金制度が「遺族年金」です。

生活費の全額が賄えるとまではいきませんが、生活の基盤になるお金にはなるでしょう。 遺族年金の支給額は、加入している社会保障制度・家族構成によって受取れる金額が異なり複雑なので、自分でよく調べてみることをおすすめします。

4275
出典元:http://lify.jp/contents/insurance_study/study.php?p_no=27

上記のグラフが、概算での「遺族年金の早見表」です。

国民年金、厚生年金、共済組合に加盟しているかどうかによっても結果が違ってきます。

こちらはあくまでも試算ですので、正確な金額を知りたい場合には、役所や社会保険労務士等の専門家に相談してみましょう。

 

(4)最後に

4276

以上、夫の死別によりシングルマザーになった時の補助金についてご紹介しました。母子家庭には、さまざまな手当があります。中には自分から申請しなければいけないものもあります。

大切なことは、まず自分で情報を集めてみることです。

その上で今後の生活を考え、使える制度は積極的に使いましょう。

 

出典先URL:
http://lify.jp/contents/insurance_study/study.php?p_no=27
http://diamond.jp/articles/-/70894?page=4