4231

こんなにあります!シングルマザーへの補助金

母子家庭の平均年収は223万円(うち就労収入は181万円)といたって低いです。 でも補助金を利用すれば、いくらか生活を楽にすることができるんです! 今回は母子家庭の手続き基礎知識をご紹介します。この機会に知っておいて、損しないようにしましょう!

4231

母子家庭の平均年収は223万円(うち就労収入は181万円)といたって低いです。
でも補助金を利用すれば、いくらか生活を楽にすることができるんです!

今回は母子家庭の手続き基礎知識をご紹介します。この機会に知っておいて、損しないようにしましょう!

 

シングルマザーを助ける補助金制度

4232

たくさん種類がある母子家庭への補助金。今回はその概要をご説明します。

①児童扶養手当
国の経済的援助を、離婚後の母子家庭が受けられます。
児童1人あたり41,720円、児童2人目は5,000円加算、児童3人目以降は3,000円ずつ加算されます。
所後で説明しますが、所得によって受けたれない場合もあるので注意しましょう。

②児童手当
子供がいる全家庭を対象とした支援策で国が行っている制度で、以前は子ども手当と呼ばれていました。
児童手当は、第一子と第二子は5000円、第三子は10000円がもらえます。
「児童を養育するために」使わなくてはいけないということが定められています。

③母子年金
夫が死亡した場合に受取れる年金が遺族年金です。加入している年金によって受取れる額が違います。当てはまる方はご家族の年金を確認してみましょう。

④母子・父子家庭のための住宅手当
母子家庭の家族が月額10000円を超える家賃を払っている場合に補助を受けることができます。
助成を受けるには、各自治体での条件があるので調べてみてください。

⑤片親(母子)家庭等の医療費助成制度
医療を受けるのに必要な費用の一部を受け取ることができます。
自治体によって様々なのですが、東京都の一部では子供の医療費が全額無料になるところもあります。

⑥生活保護
これも自治体によって違いますが、最低生活必需金から所得を引いた金額が支給されます。
だいたい約10万~20万とこの額に加え家賃等の実費相当分が給付されます。
生活保護の種類として、生活扶助・住宅扶助・教育扶助・医療扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助の7種類があり、世帯状況によって保護基準に従い支給されます。

 

補助金制度を利用するための条件  

  4233

ここからは、特に条件が厳しい補助金制度についてご紹介します。

  1. 児童扶養手当また一定額を超えてしまうと受け取ることができない場合もあります。
  2. シングルマザーやシングルファーザーの所得が全部支給の限度額以上になっていると、費用が児童1人の場合月額 42,320円から9,990円、2人の場合月額 47,320円から14,990円、3人の場合月額 50,320円から17,990円というように一部補助となります。
  3. 特別児童扶助手当

こちらは少し特殊な補助金です。

精神の発達が遅滞していたり、肉体的障害がある子供を持つ母子家庭にのみ適応されます。1級だと月額50,750円、2級だと月額33,800円の補助がされます。

 

補助金制度を上手に利用するコツ

4234

母子家庭に対しての税金や減免制度のある自治体もあります。

都電、都営バス、都営地下鉄などの無料乗車券が交付されています市町村もありますし、粗大ごみの手数料の減税、また、上下水道料金が安くなる自治体もあります。

保育料については年齢と保護者の前年の所得税額または住民税額によってその費用が決まります。 母子家庭や父子家庭などのひとり親家庭で所得が低い市民税非課税世帯については無料や減免となるところもあるので調べてみましょう!

共職業訓練又は求職者支援訓練も無料で受けられる場合もあります。資格などの勉強を市がさせてくれるのです。

まずは、自分のお住いの地域制度をよく知ることが大切です。一度調べたり、詳しい人に話を聞いてみましょう!

 

最後

4235

以上、有効に使える補助金についてご紹介しました!

それぞれについて詳しくはお伝えできなかったので、色々自分の住んでいる市町村の制度なども調べてみてくださいね!

参考URL:
http://www.tetuzuki.net/life/singlemother.html https://www.kakei.club/singlemama/teate.html