4402

シングルママが100万円貯めるための節約術

子どもを有名私立大学や名門大学に進学させたいと考えるシングルママは少なくないはずです。その時に問題になってくるのはやはり「お金」の問題。女手一つで子どもを育て上げるだけで大変なのに大学進学のお金なんて….と不安な気持ちになりますよね。ただ、子どもが本心から進学を願うなら叶えてあげたいという気持ちも強いのではないでしょうか? 今回はお金に不安を持つシングルママが貯金を成功させるための節約術をご紹介します!

4402

子どもを有名私立大学や名門大学に進学させたいと考えるシングルママは少なくないはずです。その時に問題になってくるのはやはり「お金」の問題。女手一つで子どもを育て上げるだけで大変なのに大学進学のお金なんて….と不安な気持ちになりますよね。ただ、子どもが本心から進学を願うなら叶えてあげたいという気持ちも強いのではないでしょうか?

今回はお金に不安を持つシンママが貯金を成功させるための節約術をご紹介します!

 

(1)シングルママの子育てにはお金の心配がつきもの

4401

養育費に進学費、育ち盛りの子の食費もばかにならない…シングルママの子育てにはお金の心配がつきものですよね。その他にも、自分自身の老後の生活のためのお金は貯金しておきたいものです。子どもを幼稚園から大学まですべて公立の学校に通わせた場合で教育費は1,400万ほどかかるといいます。このことからも計画的な貯金はシングルママにとって大変重要なことだとお分かり頂けると思います。

 

(2)100万円貯めるためにして欲しい節約術

4403

では、シングルママに実践してほしい節約術をご紹介します。今回はわかりやすく100万円を目標にしたいと思います!
母子家庭の母親の平均年収は180万円と言われています。生活保護や児童扶養手当を含めて年収220万円とします。12当分したおおよその額である18万円を月収とします。単純に月1万円ずつ貯金すると100万円ためる為に8年4か月かかります。
この期間を長いととるかどうかはお任せします。しかし、100万円あれば、国立大学や私立大学のほかの学部と比べ、著しく高い私立大学医歯系の学部の平均的な入学金も支払う事もできます!
また、生活費等の支出や日常生活への影響を考えると、月収18万円であれば月1万円の貯金を続けることが現実的ですよね!

それでは、ここからおすすめの節約術をご紹介します!

①絶対に引き出さない貯金用の口座をつくる。
シンプルですが効果的な節約術です。手元にお金があるとつい使ってしまうのが人間の性です。手につかない、目に入らないところにお金を預けてしまいましょう。

②クレジットカードを有効活用する。
クレジット決算で出費を先伸ばしにする…というちょっとネガティブな節約術ではありません。クレジットカードで支払うとポイントが貰えます。そのポイントで割引など様々な特典を受ける事ができます! 公共料金やスーパーの支払いをカードにするだけでもポイントはたくさんたまります!

③格安スマホにする。
月のスマホ代、1万円近くかかっているのではないでしょうか? 格安スマホに乗り換えると4000円近くまでスマホ代を抑えられるという話も。確かに性能やサービスは低下するかもしれませんが大きな節約ポイントです! また、格安スマホもなれれば案外いけるものです。

これらの節約術を活用し、まずは月1万円の貯金を目指してください!

 

(3)シングルママにオススメの稼げる仕事

4404

ここまではシングルママの月収を18万円として、現実的な月1万円の貯金を目安にお話をしてきました。しかし、単純な話、月1万円の貯金が月2万円になれば100万円をためるまでの期間は半分の4年と2カ月になりますし、月3万円貯金するともっと早く100万円ためる事ができますよね。やはり収入の増加が貯金への近道だといえます! そこでシングルママにオススメの稼げる仕事をご紹介します!

ズバリ! オススメは看護師です!

看護師の平均年収は478万円といわれており、シングルママの平均年収の倍近くありとても魅力的ですね。しかも、高齢化が進む日本では医療業界の人手は常に不足しているといっても過言ではなく、高収入・高需要と職といえます!

参考URL:年収ラボ「平成27年 資格別 平均年収&平均時給ランキング」
(http://nensyu-labo.com/2nd_sikaku_nensyu.htm)

 

(4)最後に

4405

いかがでしたか? 平均的な収入のシングルママが100万円をためることは簡単なことではありません。しかし、子どもの将来を考えると貯金はしておきたいですよね。ここで紹介した節約術を活用して貯金を成功させてほしいです! また、収入面で不安がある場合は看護師を考えてみてください。