smm1

月15万円未満で暮らす!シングルマザーのための生活費節約術

シングルマザーの平均収入は月々およそ15~20万円が平均と言われています。この限られた収入の中で生活費、子供の将来のための貯金、娯楽費…等さまざまにやりくりをしなくてはなりません。今回は、生活費の中でも特に出費が多い食費・通信費・水道光熱費・家賃について節約のコツを紹介します。

▼月々の生活費、どこから削る?

・母子家庭における母親の平均就労年収

%e5%9b%b3-5

上の表は、厚生労働省が発表したシングルマザーの平均就労年収です。少し昔のデータですが、シングルマザーの平均年収は200万円弱ほどであるのが分かります。この年収より1ヶ月分の生活費を考えると、1月あたり15~20万円になります。

生活費の中で大きな割合を締めるのが食費・通信費・水道光熱費・住宅費です。今回はこの4項目の節約について考えていきましょう。

 

▼食費→作り置き&節約レシピで節約!

smm3

月々の食費は2~3万円というシングルマザーが多いのが現状です。一日当たり1000円以下の計算になります。食費を節約するには自炊が一番です。一人暮らしのランチ代をお弁当に変えるだけでも月々5000円以上の節約になると言われています。二人以上の家族だとさらに節約になりますね!

節約レシピの記事はこちらで紹介しています。

関連記事:

春野菜で作る!簡単レンチン節約おかず

定番の貧乏飯が格安ちょい足しアイテムでプチ贅沢飯に!

忙しいシングルマザーにおすすめ料理!夏野菜を使ったレシピ3選

 

▼通信費→格安スマホで節約!

smm1

携帯・パソコンといった通信機器は欠かせません。皆さんはどのキャリアを使用していますか?端末代込みで月々9000円、端末代を除いても月々6000円ほど払っているのではないでしょうか?

格安スマホに変えると、6000円以上かかっていた携帯代を、3000円以下に抑えることも可能になります。格安で使うには通話機能の制限といったデメリットもありますが、通話は携帯電話のアプリ間で済ませてしまえば問題無いですね!シンママStyle内の記事で詳しく紹介しているのでチェックして下さい!

関連記事:格安スマホで料金激減?知らないと損する節約術

 

▼水道光熱費→カード払いでポイントを貯めよう!

smm

水道光熱費といった固定費は、カード払いにするのがお得です。

カード払いは引き落としが翌々月になるため家計を計算しにくい、というデメリットがあります。しかしカード払いにすることでカード会社が提供している様々なお得なサービスを受けられます。貯めたポイントを飛行機のマイルに変えたり、電子マネーに変換することが出来るのは有名ですね。

他にも、提携ホテルに割引料金で泊まれたりレストランの優待も受けられます。クレジットカードも沢山の種類が出ており受けられるサービス・ポイント還元率も様々です。自分に合ったクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

詳しくはこちらの記事より:シングルマザーの節約のキーワードは「固定費カード払い」!

 

▼家賃→思い切って引っ越す?!

111

賃貸で暮らすシングルマザーの皆さん、今の住まいに満足しているでしょうか。子供が成長するに連れ、引越しを検討する方も多いのではないでしょうか。実際に、子供の進学によって通学のしやすさを考えて住まいを決めるシングルマザーの割合は、全体の半数以上を占めるという調査結果も報告されています。(アットホーム調べ)。

家賃が安くなればその分生活費は大きく節約できます。例えば月1000円でも安い物件に引っ越せれば、年間では1万2000円も違って来ますし、数年間住むことを考えるとその差は歴然です。

引越し自体にもお金はかかりますが、工夫次第で引越し料金もかなり抑えられますので引越しを検討してみてはどうでしょうか。また、大家さんと直接連絡を取れ、家賃や初期費用を交渉できる賃貸サイトもあるので利用してみると良いですね。引越しのコツはこちらの記事で詳しく紹介していますのでチェックしてみて下さい!

関連記事:

シングルマザー必見!損しない引越し術〜お部屋探しから引越し当日まで〜

その差6万円?!知らないと損、セルフ引っ越しのススメ

 

▼まとめ

14

微々たる節約でも、積み重なると大きな額になります。少しずつの節約でも継続することが大切です。節約で浮いたお金で家族旅行に行くため、子供の学費のための貯金として貯めるため…節約の目的は人それぞれですが、シングルマザーの皆さんの生活が豊かになるよう応援しています。シンママStyleでは他にもシングルマザーの皆さんに向けた記事を掲載していますので、是非チェックして下さい!

関連記事:

これは便利!スマホアプリで楽しく節約しよう

総額18万!?図解で学ぶシングルマザーが簡単に受けられる8つの支援制度

シングルマザーが子供3人を育てる為にかかる費用と補助制度