• HOME
  • 支援制度・節約術
  • 一人で悩まないで! こんなにあります! 未婚のシングルマザー支援制度と支援機関
smm3241

一人で悩まないで! こんなにあります! 未婚のシングルマザー支援制度と支援機関

未婚シングルマザーは、一人で子どもを育てることに対して、少なからず悩みを抱えていることでしょう。しかし、そんな悩める未婚シングルマザーを支援してくれる制度、そして機関が存在します。ここでは、未婚シングルマザーの支援制度、支援機関について紹介します。

▼シングルマザーとして子どもを育てるのに必要なお金はいくら?

smm3242

未婚シングルマザーが子どもを育てるのにはたくさんのお金がかかります。子どもを育てるのに必要な費用は大きく分けて教育費と養育費になります。

教育費

教育費は学費や、習い事にかかる費用などを表します。

例えば、公立幼稚園在籍中にかかる教育費は、平均して約70万円、私立幼稚園の場合にかかる教育費は、公立幼稚園のおよそ2倍の約150万円になります。

公立小学校在籍中にかかる教育費は約180万円、私立小学校在籍中にかかる教育費は約850万円です。

公立中学校在籍中にかかる教育費は、約140万円、私立中学校在籍中にかかる教育費は約390万円です。

公立高校在籍中にかかる教育費は、約120万円、私立高校在籍中にかかる教育費は約290万円です。

4年制の場合、国公立大学在籍中にかかる教育費は約520万円、私立大学文系在籍中にかかる教育費は、約690万円、私立大学理系在籍中にかかる教育費は約810万円です。

幼稚園から大学まで進学する場合、すべて国公立でも1,000万円程度の教育費がかかります。すなわち、最低でも教育費は1,000万円程かかるということです。

養育費

また、養育費とは、出産費用や、子どもの食費などを含んだものです。大学卒業まですると考えると、22年間で養育費は1,500万円を超えます。また、出産費用は高くつく場合もあります。

 

▼シングルマザーの生活を守る支援制度

smm3243

未婚シングルマザーにとって、最初に苦労するのは出産費用の調達です。出産費用を援助してくれる支援制度はもちろん存在します。

関連:シングルマザーが簡単に受けられる支援制度・手当を分かりやすく解説

出産育児一時金

「出産育児一時金」という支援制度があります。これは、1児につき42万円を健康保険から支給するというものです。

出産手当金

出産するときには、産休を取らざるをえなくなります。産休中の生活を支援するための「出産手当金」という支援制度があります。これは、健康保険から、休んでいた期間の標準報酬金額の3分の2が支給されるというものです。

高額療養費支給制度

治療費が自己負担を上回った場合に支給される「高額療養費制度」というものも存在します。1世帯の1年間の医療費の支払い額が10万円以上になった時、税務署に確定申告をすると、「医療費控除」という支援制度が使えます。

傷病手当金

また、切迫流産やつわりで会社をやむなく休む時には、「傷病手当金」という支援制度が使えます。

児童手当

日本国内に住む0歳から中学卒業までの児童を対象とする「児童手当」という支援制度もあります。児童が3歳未満の場合、月額10,000円、3歳以上の場合、第一子、第二子は月額5,000円、第三子以降は月額10,000円が給付されます。

児童手当を受け取りたい人へ!手当の仕組み、受給資格とその方法

児童扶養手当

また、「児童扶養手当」という支援制度もあります。この支援制度は地方自治体による支援制度です。手当は基本額と所得に対する支給停止額から計算されます。基本額は、児童が1人の場合は月額41,720円、児童が2人の場合は月額46,720円、児童が3人の場合は月額49,720円、児童が4人以上の場合、1人増えるにつき、月額が3,000円ずつ増加していきます。

シングルマザーの9割が受け取っている児童扶養手当とは?

児童育成手当

18歳までの児童を育てる未婚シングルマザー向けの支援制度として「児童育成手当」もあります。この制度では、児童1人につき月額13,500円が支給されます。

東京在住必見!知らないと損する児童育成手当とは?

 

そのほかにも、住宅手当や医療費助成制度などが存在します。詳しくは下のサイトへ。

シングルマザーが簡単に受けられる支援制度・手当を分かりやすく解説

 

▼シングルマザーの生活を守る支援機関

smm3244

支援機関として「ファミリー・サポート・センター」というものが存在します。これは市町村が設置する機関で、「育児の援助を受けたい人」と「育児の支援をしたい人」を結びつける会員制のネットワークです。

地域によっては「母子福祉センター」という母子家庭の自立を支援してくれる機関があります。また、「子ども家庭支援センター」という同様な支援機関が存在する場合もあります。

 

▼最後に

smm3245

 

シングルマザーの支援制度、支援機関が多く存在するということが分かっていただけたでしょうか。未婚シングルマザーの方は、一人で悩まないで、是非こういった支援制度、支援機関に頼ってほしいと思います。未婚シングルマザーの味方はたくさんいるのです。