201

シングルマザーから学ぶ節約術

約、うまくいっていますか? 節約に限らず、何かをいきなり始めようとしても、コツをつかむのはそう簡単にはいかないことがありますね。そんな時は、プロから学びましょう! 世帯収入が比較的低い、シングルマザーならではの節約術を紹介します。

201

節約、うまくいっていますか? 節約に限らず、何かをいきなり始めようとしても、コツをつかむのはそう簡単にはいかないことがありますね。そんな時は、プロから学びましょう! 世帯収入が比較的低い、シングルマザーならではの節約術を紹介します。

 

(1)シングルマザーから学ぶ節約術①使える金額を設定する

202

どうすればお金を使いすぎずに済むのでしょうか。答えは単純でした。使えるお金に制限をかけることです。ただ制限をかけることが重要という訳ではありません。上限があれば、その上限内で生活をするための工夫が生まれる、これがポイントなのです!

例えば、週8000円と決めたら、そこから食費や雑費を捻出するように努めます。制限内に抑えようとするため、タイムセールを把握できるようになったり、必要のない物を買わないようになったりできるようになります。上限をかけた上で、食費は6000円・雑費は2000円など、食費と雑費を分けて管理すると、より意識的に節約できます。

 

(2)シングルマザーから学ぶ節約術②クレジットカードは固定費の支払いに

203

クレジットカード、どのような使い方をしていますか? その場でどんどん支払えてしまうクレジットカードは、節約の上では敵のような存在にも見えますが、使い方を意識すると節約の味方になっちゃいます! そこで鍵となるのが「ポイント」です。

比較的、出費頻度は少なく一度の出費金額が高い、固定費の支払いにクレジットカードを使うのがおすすめです。固定費とは、電気代や水道代、ガス代など。ポイントが毎月つくので、安定的に毎月500円分くらいのポイントがたまっていきます! ここで食費や雑費にクレジットカード支払いをおすすめしないのは、やはりクレジットカードの特性上、使いすぎてしまう可能性があるからです。食費や雑費は、節約術①にあるように、財布に上限分だけ入れておけば使いすぎることはありませんからね。一方、固定費は支払うその場で無駄遣いすることはないですから、使いすぎの懸念は減ります。

 

(3)シングルマザーから学ぶ節約術③スマホは乗り換えで格安に

204

私たちにとってスマホは、もはや生活に欠かせない存在になってきました。電話やメールの回数を節約するのは生活に支障が出てしまいますね。だからこそ、これを節約するのはちょっと……となかなかチャレンジできなかった人も多いのではないでしょうか? でも、本体そのものを格安スマホにしてしまうことで、節約できちゃいます!

例えば、格安スマホ市場シェアNo.1を誇る「FREETEL」では、「かけ放題付で月額1,500円」を実現しています。格安というと、通信速度など劣る部分が気になるところですが、なんとドコモ回線なので安心して利用できます。TSUTAYAのスマホで話題の「TONE」では、毎月の基本料や通話料でTポイントがたまります。また、居場所確認やアプリ制限の機能もついており、子どもに持たせても安心な設計になっています。このように、お得なだけではなく、しっかりつながる安心も手に入るので、特に機種にこだわりがない人は乗り換えるのはありでしょう!

では実際どれくらい安くなるのでしょうか。マイナビニュースの記事によれば、大手キャリアに比べ月額3,000~5,000円安いとされます。通話やメールなど、基本サービスしか使わない! という人は、初期費用がかかったとしても後々元が取れるので、乗り換えを検討してみるといいでしょう。

 

(4)最後に

205

節約のプロであるシングルマザーの方の節約術、いかがだったでしょうか。どれも、毎日心がけるものというよりは、一度決めたら自然に節約が実践できるようなものばかりです。ぜひ取り入れられるものは取り入れて、節約の効率を上げていきましょう!