181

ここまでできる!幸せを呼ぶ一人暮らしの節約法 

皆さんは一人暮らしをしたことがありますか? または、ここ数年のうちに一人暮らしをしようと考えてしますか? 一人暮らしをする際に、特に気になるのはお金のやりくりだと思います。一人暮らしを始めたものの、お金がかかってしまって悩む人も少なくありません。そこで今回は、一人暮らしの際に役立つ節約術についてまとめていこうと思います。

181

皆さんは一人暮らしをしたことがありますか? または、ここ数年のうちに一人暮らしをしようと考えてしますか? 一人暮らしをする際に、特に気になるのはお金のやりくりだと思います。一人暮らしを始めたものの、お金がかかってしまって悩む人も少なくありません。そこで今回は、一人暮らしの際に役立つ節約術についてまとめていこうと思います。

 

(1) 一人暮らしの節約法①マイボトルを持ち歩く

182

日常生活を送る上で、外に出かけている間にペットボトルのお茶や缶コーヒー、ジュースなど何かしらの飲み物を購入する人は少なくないと思います。1年間に毎日外で1本150円ペットボトルを買っていたら、約55000円年間でかかってしまいます。150円といった数字のみでみているとたいしたことないなと思って気軽に購入してしまうかもしれませんが、そのたいしたことない価格も塵も積もれば山となるで、365日分積み重なるとそれなりの高価格になってしまうのです。しかし外で水分を欲している時に、お金を使わないために我慢するのは良いことではありません。特に夏などは、熱中症や脱水症状の対策としても、こまめに水分補給をすることが大切です。ではどうすれば良いのでしょうか?

一人暮らしのオススメの節約法その1は、マイボトルを持ち歩くことです。マイボトルを購入することで、まず毎日家から好きな飲み物を好きなだけ用意することができます。例えば1リットルの飲み物が飲みたいのに、自動販売機には500ミリリットルの飲み物しか売っておらず、仕方なく1本150円の500ミリリットルのペットボトルを2本購入し、300円払うなどの経験はありませんか? マイボトルがあれば、自分の好きな量を好きなだけ飲めるため、細かいお金がかからないで済むようになります。また、ペットボトルの量も減るため、エコにもつながる節約法となっております。

 

(2) 一人暮らしの節約法②給湯器はスイッチオフ

183

続いての一人暮らしの節約法は、一家に一台はあるであろう給湯器に関してです。一人暮らしの際に どうしてもかかってしまうのは生活費です。生活費、特に水道光熱費を節約することで、暮らしが随分と楽になるはずです。一言で水道光熱費と言われても、何をどうすればいいのかわかりませんよね? 水道光熱費、特にガス料金を抑えるためにはコツが必要なのです。一人暮らしになるといろいろなことがものぐさになってしまいがちですが、実はこまめな作業でガス代を大幅に抑えることができます。それは、給湯器の電源を切ることです。給湯器をつけたままにしていると、蛇口をひねった際にお湯を出したいわけではないのに、蛇口の角度でお湯が出てきてしまうなんてことはよくあることだと思います。また、蛇口を使っているうちに誤作動で一瞬ガスが起動することも少なくありません。たった一瞬のガス代ですが、これも塵も積もれば山となるのです。こうしたちょっとしたガス代の積み重ねが起きないためにも、給湯器の電源の根本を切っておくことが、一人暮らしの節約に役立つこととなるのです。

 

(3) 一人暮らしの節約法③お店の得意分野を知る

184

一人暮らしをしていく上で、毎日外食を行っていてはもちろん節約なんてできませんよね。食費というのは暮らしていく上で必要不可欠でかかってしまうものです。そのため、食費を浮かせるためには自炊が一番です。自炊をするための食材ひとつも、そのお店によって特徴が違います。全体的に安いお店もあれば、普段はそれほど安くはないけれど毎週何曜日かに破格の値段になるものもあります。また、お肉が安いお店もあれば同じ牛乳でもお店によって値段が変わるものもあります。

夕方になると半額セールをしていて、とても安くお惣菜などが購入できるお店などもあります。このように、お店によって色々な特徴があるのです。自分の家の近辺になるお店のこういった特徴をきちんと把握しておくことで、食費にかかるお金がだいぶ節約することができます。一人暮らしをしていると、どうしても面倒臭くなって一番家から近所にあるお店やコンビニで全てを済ませようとしてしまいがちです。家の周りのお店の、それぞれの得意分野を把握することが、一人暮らしの節約につながるのです。

 

(4)最後に

185

いかがでしたか? 一人暮らしをする際に、生活費はどうしてもかかってしまうものです。1回ではたいしたことない節約だったとしても、ちょっとした節約という意識改革を続けることで低コストで過ごすことが可能なのです! 今回紹介した以外にも、様々な節約術があります。ぜひ自分でも調べてみて、実践してみてください!