• HOME
  • 支援制度・節約術
  • 働くママも安心できる!子ども・子育て支援制度で暮らしはどう変わるの!? 
31

働くママも安心できる!子ども・子育て支援制度で暮らしはどう変わるの!? 

平成27年4月にスタートした、「子ども・子育て支援新制度」。新しくなった制度で一体どんな支援が提供されるのか、そして暮らしはどう変わるのか、気になりますよね。まずは内容をおさえて、利用のポイントを知りましょう!

baby-1151351_960_720

平成27年4月にスタートした、「子ども・子育て支援新制度」。新しくなった制度で一体どんな支援が提供されるのか、そして暮らしはどう変わるのか、気になりますよね。まずは内容をおさえて、利用のポイントを知りましょう!

子ども・子育て支援制度ってどんなもの?

baby-feet-1527456_960_720

子ども・子育て支援新制度とは?

rules-1339917_960_720

そもそも、「子ども・子育て支援新制度」とはどんなものなのでしょうか?

「子どもがほしいけどお金も時間も余裕がない」「仕事と両立ができるのか不安」といった、子どもはほしくても不安で踏み出せない人のために、平成27年4月にスタートした制度です。

『子ども・子育て支援新制度』とは、平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度のことをいいます。

引用出典:http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/index.html#gaiyo

待機児童の解消のためにつくられた「認定こども園」の開設は記憶に新しいのではないでしょうか。

 

この「子ども・子育て支援新制度」が目指すのは、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援を量と質の両面から拡充し、社会全体で子どもの育ちや子育てを支えていくことです。この制度の財源として、消費税率引き上げによる増収分が活用されます。

引用出典:http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201510/1.html#anc01

子ども・子育て支援新制度が目指すものとは?

nails-1420329_960_720

子育てをする人の負担を減らし、社会全体で子育てを支えていくことを大きな目標としており、実際に増税分の一部がこの制度の財源になっています。暮らしが多様化しつつある中で生まれる様々なニーズに対応できる支援が用意されています。共働き世帯には認定こども園や病児保育、家庭での保育が可能な世帯には一時預かりや地域子育て支援拠点などがあります。

制度新設によって、これまで利用されてきた保育所や幼稚園に加え、地域の実情に応じて認定こども園が作られ、待機児童が特に多い0~2歳の子どもを少人数で保育する地域型保育などが導入されました。子どもを保育できる場を増やし、子育てしやすい環境を整えています。

子ども・子育て支援制度で暮らしはこう変わる!

woman-591576_960_720

では、この制度によって実際の暮らしはどう変わっていくのでしょうか?

まず、子ども側の視点では、認定こども園に通うと0~5歳の子どもの教育と保育が一体的に行われます。継続して通い続けることで、環境に慣れ親しむことができるので子どもにとっても良いでしょう。

そして、子育てのママにとっても、親子が交流できる拠点や一時預かり、放課後児童クラブなどが増えているため、うまく使いこなすことで子育ての負担や不安を解消していけるはずです。

子ども・子育て支援制度を利用するためには!?

journal-1428424_960_720

子ども・子育て支援制度を利用するためには、住んでいる地区町村から認定を受けなければなりません。認定の区分は以下の3種類なので、どれにあてはまるのか確認しておきましょう。また、施設などの利用手続きは、認定区分によって異なるので注意が必要です。

1号認定
子どもが満3歳以上で、幼稚園・認定こども園が利用可能。

2号認定
子どもが満3歳以上かつ、保護者が「保育を必要とする事由」に該当する場合、保育所・認定こども園が利用可能。

3 号認定
子どもが満3歳未満かつ、保護者が「保育を必要とする事由」に該当する場合、保育所・認定こども園・地域型保育が利用可能。

「保育を必要とする事由」に関しては下記のいずれかに該当する必要があります。

  • 就労(フルタイム、パートタイム、夜間、居宅内の労働など、基本的にすべての就労を含む)
  • 妊娠、出産
  • 保護者の疾病、障害
  • 同居または長期入院等している親族の介護・看護
  • 災害復旧
  • 求職活動(起業準備を含む)
  • 就学(職業訓練や、資格取得のための専門学校等への就学を含む)
  • 虐待やDVのおそれがあること
  • 育児休業取得中に、すでに保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
  • その他、上記に類する状態として市区町村が認める場合
引用出典:http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201510/1.html#anc01

最後に

mother-1619054_960_720

子育てを支える拠点の種類や数が‘増えたことで、子ども・子育て支援制度が充実になりました。新制度の利用方法を確認して、より良い子育て・暮らしを実現させましょう!