512

コツコツ?ゴッソリ?注目!シングルマザーの節約術

シングルマザーのみなさん! 節約はできていますか? 子どもの養育費を始め、老後の生活費のことも考えるといくら貯金しても、したりない気持ちになりますよね。しかし、そんな気持ちとは裏腹にシングルマザーの平均年収は180万円程度と生活するだけでかつかつという現実があります。そんな暮らしの中で将来に向けて節約したいというシングルマザーのみなさんに向けての記事となっております。

512

シングルマザーのみなさん! 節約はできていますか? 子どもの養育費を始め、老後の生活費のことも考えるといくら貯金しても、したりない気持ちになりますよね。しかし、そんな気持ちとは裏腹にシングルマザーの平均年収は180万円程度と生活するだけでかつかつという現実があります。そんな暮らしの中で将来に向けて節約したいというシングルマザーのみなさんに向けての記事となっております。

 

(1)シングルマザーが目指すべき貯蓄額とは?

5262

子どもを幼稚園から大学まですべて公立の学校に通わせた場合でも、教育費は約1,400万円もかかると言われています。目指すべき貯蓄額についてですが、シングルマザーの平均貯金額が76万円といわれていますので、1,400万円を目標にするのは少し飛躍しすぎのような気持ちがしますよね。また、1,400万円といっても総額であり、その時々によって必要な額にかなりの差があります。

そこで目指すべき貯蓄額として100万円をおすすめします! ただキリがいいからではありません。実は私立大学医歯系の入学金の目安が100万円なのです。つまり、100万円の貯蓄額があると子供の大学進学を、入学金を理由に諦めさせる必要がなくなるのです。

目標設定は人それぞれであるべきですが、一つの目安として100万円を設定してみてはいかがですか?

 

(2)コツコツ削ろう!シングルマザーの節約

5143

物事の基本はコツコツと積み上げていくことです。何事もいきなりやってしまうと無理が生じ、どこかにしわ寄せがきます。ここではコツコツと節約するための方法をご紹介していきます。

①買い物はカードで行う
クレジットカード支払いにすることで、ポイントを貯めることができる。ポイント還元率にもよるが仮に1%の還元率だとすると月3000円の光熱費に30円分のポイントがつき年間360円分得することになります。この様に公共料金をはじめ、様々な場面でクレジットカード支払を活用する事でかなりの額のポイントを貯める事ができます。

②節水コマを使う
節水コマを取り付けることで、水道代が半分になります。1日に30分使用した場合、月に5,400リットル、水を節約でき、月々約1200円、年間約14,000円節約ができます。

 

(3)ゴッソリ削るなら?シングルマザーの節約

4362

基本がコツコツな事は理解しているけど、やっぱりじれったい! そんな方のために一気に節約できる方法を紹介していきたいと思います。

①格安スマホに乗り換える
3大キャリアに契約してスマホを使っていると機種代を含め月々1万円近くの費用がかかっているなんてことも少なくありません。これを格安スマホに乗り換えると、様々な制約がありますが、3000円近くまで抑えることができます。年間約8万円の節約が見込めますね。

②生命保険を見直して節約しよう
保険は自分のライフスタイルや仕事、家族構成に合ったものを選びましょう。保険の見直しをすると意外な無駄が浮き彫りになることもあります。例えば月々3万円の保険料が半額にできれば、年間18万円節約できますよね。

 

(4)最後に

4263

いかがでしたか? 節約術はたくさんありますが、それぞれに合った節約術というものがあります。それぞれここは譲れないという出費ポイントもあるはずです。そういった価値観は大切にしながら削れる場所はどんどん削っていきましょう。また、基本としておすすめしたコツコツ節約だけではなかなか貯金できないことも現実です。

目標とする貯蓄額までコツコツ節約術では届きそうにない時は、おもいきってゴッソリ節約術を取り入れていきましょう。節約のために暮らしの中にかかってくる負担というものは確かにあります。しかし、食費だけ、交遊費だけというように偏ってしまうと精神衛生上よくありません。節約のバランスを大切にしましょう。

引用出典:
https://manabi.benesse.ne.jp/parent/okane/02/page2.html
http://atsume.goo.ne.jp/Dy5DXBBQgjJf