311

離婚して収入が激減したシングルマザーが生活費を抑える方法

シングルマザーの方にとって一番苦労する点としては、なんといってもやはり金銭面の問題でしょう。最も頼りにしたい夫の存在もなく、子供を抱えるシングルマザーが稼げるお金も限られています。 それどころか、働ける職場を探すことさえ一苦労。世のシングルマザーたちは一体いくらの収入で暮らしているのか、その生活費とは、収入だけでは生活が苦しくなった時は……そんなシングルマザーの金銭問題について言及していきたいと思います。

311

シングルマザーの方にとって一番苦労する点としては、なんといってもやはり金銭面の問題でしょう。最も頼りにしたい夫の存在もなく、子供を抱えるシングルマザーが稼げるお金も限られています。

それどころか、働ける職場を探すことさえ一苦労。世のシングルマザーたちは一体いくらの収入で暮らしているのか、その生活費とは、収入だけでは生活が苦しくなった時は……そんなシングルマザーの金銭問題について言及していきたいと思います。

 

(1)離婚した後どれくらいの収入になりますか?

312

厚生労働省がおこなった「全国母子世帯等調査結果報告」によると、母子家庭世帯の平均年収は291万円で、児童のいる世帯の平均年収658.1万円、世間一般の平均年収412万円に比べると相当低水準になっていることが分かります。

シングルマザーの親子は、両親がそろった世帯の半分以下の収入で生活している、ということになります。さらにシングルマザーの中でも、正規職員は270万円、パート・アルバイトは125万円と大きな差があります。特殊な例で、専門職に就いているシングルマザーの方の中には年収400万円以上の方もいるようですが、ほとんどの方はかなり低い年収だということが分かります。

正規職員ですら、子供を抱えたシングルマザーが十分な暮らしを送っていくには厳しい年収です。パート・アルバイトに関しては、生活保護や親族の援助を受けながら生活していくしかないのが現状です。

 

(2)っている?シングルマザー家庭平均的生活費

313

生活費の平均は結論から言うと大体18万円前後かかるといわれています。その内訳は家賃・光熱費・病院代・食費・学費積み立て・生命保険・交通費・通信費・交際費・雑貨・貯金・借金・習い事などです。この中で一番値が張るのは家賃です。実家で暮らすとなると家賃はいらなくなるのでいくぶんか楽になるでしょう。

子供二人と仮定したした場合、児童手当・児童扶養手当・児童育成手当などを合計すると月7~8万円を受け取ることができます。そこで、それらとは別に月10万円程度の収入が必要となります。たとえ10万円の収入を得たとしても暮らしはギリギリで、相当の節約生活を余儀なくされることがわかります。

 

(3) 収入だけでは生活費をまかなえない時は?

314

母親の収入だけでは生活費をまかなえない場合、公的支援制度を頼る方法があります。これにはいろいろな種類があり、離婚したシングルマザーでなければ受け取ることができない制度や、別居して子供と暮らしていれば受けることができる制度、所得制限がある制度など、様々です。詳細は住んでいる市役所や区役所に問い合わせてみてください。また、もう一つの手段としては将来の保険を見直すことも有意義です。

主婦の時は医療保険だったのを死亡保障のある生命保険に変えたり、反対に医療保険を国民共済の安いタイプに変えたりと、保険の見直しは生活費節約において大きな割合を占めます。シングルマザーになってから、体調を崩して収入が途絶えても大丈夫なように努めることも重要ですし、自分に適した保険を選ぶように外交員などに相談してみましょう。

 

(4)最後に

315

上に述べた通り、シングルマザーが子供とともに生活していくにはかなり苦しいというのが現状です。仕事を得ようにも働ける時間が短かったり、収入の良い仕事を見つけることはそうそうできません。しかし一方で今、シングルマザーを歓迎する企業も増えてきています。支援制度も整ってきています。また、シングルマザーであることを負い目に感じることなく「シングルマザーだから」と節約に励むママさんたちも少なくありません。利用できるものは利用しつつ、子供と一緒に少しでも幸せな時間を過ごしてください。

 

引用出典:
http://www.nenshuu.net/shoku/any/single_mother.php
http://www.boshikatei-mother.sblo.jp/article/57853869.html
http://hikaritown.jimdo.com