291

未婚のシングルマザーが出産する時に知っておくべき3つのこと! 

子供を授かったはいいけれども結婚せずに母親一人手で育てる、未婚のシングルマザーが近年増えています。未婚でシングルマザーとして子供を育てていくことは想像の通り大変なことですよね。そんな未婚のシングルマザーのために、出産する際に知っておくべき手当についてまとめていきます!

291

子供を授かったはいいけれども結婚せずに母親一人手で育てる、未婚のシングルマザーが近年増えています。未婚でシングルマザーとして子供を育てていくことは想像の通り大変なことですよね。そんな未婚のシングルマザーのために、出産する際に知っておくべき手当についてまとめていきます!

 

(1) 未婚のシングルマザーでは受けられない手当があります…

292

シングルマザーにとって一番の悩みどころはお金の問題だと思います。自分一人で子供を育てながら働いて生活費も稼ぐ……想像を超える大変さですよね。実は同じシングルマザーだとしても、シングルマザーになった境遇によって手当に差があります。夫と結婚した後に離婚してシングルマザーになった場合は児童扶養手当が支給されて、医療費や交通費などの生活に欠かせない場所で様々な優遇制度が存在します。夫と死別してシングルマザーになった場合は、さらに遺族年金や場合によっては生命保険などが入ってくるためにだいぶ補助を受けることができます。

それに対して未婚シングルマザーの場合、夫と死別あるいは離婚後に単身で生活をしている人や、夫の生死が不明の人がもらえる寡婦控除を受け取ることができません。未婚ということはこの分の控除がないということで、その分所得が増えるため所得税などの税金が高くなり、結果的に経済的に苦しめられるという状態になってしまいます。

 

(2)知っていますか?出産を支援してくれる制度

293

先ほど述べた通り、未婚のシングルマザーはもらえる手当も限られてくるためよりお金の問題が深刻となります。子供を育てるのももちろんですが、その前に子供を産むということにも実はかなりのお金が必要となるのです。これから子育ても一人でしなくちゃいけないのに妊娠していて働けない……でも出産するためのお金が必要……と悩んでいるシングルマザーのために、出産を支援してくれる制度というものが存在します。出産の際に特にかかる費用はもちろん医療費です。妊娠すると出産するまでに定期的に検診を受けることとなり、かなり医療費が嵩みます。

そんな人のために、医療費が多くかかった年に確定申告をすることで一定の金額の控除を受けることができる医療費控除というものが存在します。また、妊娠中に体調を崩して入退院を繰り返す、薬局で薬を買うなどによって医療費がある程度高額になって自己負担限度額を超えた場合に、限度額を超えた分が保険から返金されるという高額療養費というものがあります。他にも様々な出産を支援してくれる制度が存在します。

 

(3)子供がいるとシングルマザーの生活はこう変わる!

294

子供と自分の生活費を一人で稼がなくてはいけないシングルマザーの人は、自分一人の生活費だけを稼げば良い人に比べて断然大変だと思っているかもしれません。しかし実際には、子供がいることによってもらうことのできる手当というものがたくさん存在します。まず、児童扶養手当です。シングルマザーの家庭が対象で、児童が1人の場合月41,720円、児童が2人 の場合月46,720円、児童が3人 の場合月49,720円が支給されます。かなりの額ですよね! また、児童育成手当というものも存在します。この手当は18歳になるまでの子供を扶養する母子家庭ないしは父子家庭に対して、児童1人につき月13,500円が支給されるというものです。

それ以外にも子供がいることで支給されている、シングルマザーの生活を楽にする支援制度というものがたくさん存在します。シングルマザーはもちろん大変ですが、近年はそのことを踏まえて国が手厚いサポート体制を作るようにして、シングルマザーでも子育てがしやすい環境を作るようにしているのです。

 

(4)最後に

295

いかがでしたか? 未婚のシングルマザーは出産の前に、未婚のシングルマザーではもらえない手当があるということ、出産を支援してくれる制度があるということ、子供がいるともらえる手当があるということの3点をしっかりと把握しましょう。そして少しでも負担が少ない状態で子育てと仕事を両立させるためにも、シングルマザーの現状を理解しつつ自分が対象の手当を有効活用していくことをお勧めします!