151

母子家庭が出産費用を抑えるために知ってほしい事と支援制度

結婚をしたのに様々な理由で離婚を選択する、そもそも未婚の状態で子供を授かるなどの理由により、ここ数年、日本では母子家庭がとても増えています。母子家庭のように父親がいないと、両親がいる家庭に比べて特別大変なことや悩むことも多いと思います。そこで今回は、そんな母子家庭を支える支援についてまとめていこうと思います!

151

結婚をしたのに様々な理由で離婚を選択する、そもそも未婚の状態で子供を授かるなどの理由により、ここ数年、日本では母子家庭がとても増えています。母子家庭のように父親がいないと、両親がいる家庭に比べて特別大変なことや悩むことも多いと思います。そこで今回は、そんな母子家庭を支える支援についてまとめていこうと思います!

 

(1) 母子家庭にとって出産費用は大きな負担

152

子供を出産するためにはもちろん費用がかかります。皆さんは出産に一体どの程度の費用がかかるかご存知でしょうか? 5万円程度で足りる、だなんて思っていませんか? 出産にかかる費用は、個人の病院なのか総合病院なのか、私立なのか公立なのかなどによって多少の変化はありますが、平均して40万前後だと言われています。つまり、子供を3人産むためには約120万もの費用が必要だということです。

結構な支出ですね。子供を産むということはそんなに簡単なことではないのです。父親と母親がどちらもいる家庭にとってもそれなりに苦しい出費である出産費用が、母親一人しかいない母子家庭にとって大きな負担になることは言うまでもありません。母子家庭であろうと結婚して子供を授かった妊婦さんであろうと関係なく、出産にかかる費用は同じです。世帯収入が違う分、母子家庭は出産費用を最小限に抑えていきたいところだと思います。

 

(2) 母子家庭が出産費用を抑えるために知って欲しいこと!

153

前述した通り、父親と母親どちらもいる家庭と母子家庭で出産費用は変わらず、同じだけの費用が必要となります。出産にかかる費用は大きく分けて健診費用、マタニティ用品の費用、出産準備用品の費用、出産の費用の4つです。健診費用は、妊娠していると発覚してから出産するまでの間に受ける必要があり、月に約1回のペースで妊娠期間中に合計10回、つまり10万円は必要となります。この費用は健康状態を維持するために必要なもので、回数を減らすと母親の体にも、もちろんお腹の中にいる子供の体にも影響がある可能性があるため、健診の減らすことはあまり期待できません。では。

マタニティ用品や出産準備用品かかる費用はどうでしょう? マタニティ用品や出産準備用品というのは主に洋服やベビーカー、ベビーベッドなどです。これらの費用は実は馬鹿になりません。そこで、これらは必要なくなった知り合いからももらったり、古着を買ったりして費用を浮かせましょう。また、出産場所によってもかかる費用はだいぶ変わってくるため、きちんと調べることで費用を最低限に抑えることはできます。しかし、これらの対策を行っても本当に費用が用意できない……という場合はどうしたらよいのでしょうか?

実はそんな人のために、出産に対する公的な補助制度が存在するのです。

 

(3) 母子家庭の家計を守る支援制度

154

母子家庭を支える出産費用に関する公的な補助制度はいくつか存在します。今回はその中でも使える4つの制度について紹介していこうと思います。まず1つ目は出産育児一時金です。これは出産費用をサポートすべく、子ども一人に対して42万円が支給されます。きちんと申請をする必要があるため気をつけてください。

2つ目は出産手当金です。産休中(産前42日間、産後56日間)は基本的に給与が渡されません。その期間をサポートするために、勤務先から標準給与の3分の2がもらえるというものです。

3つ目は高額療養費制度です。この手当は名前の通り、自分で負担した治療費の限度額が、医療費の3割を負担してかかった治療費を超える際に支給される制度です。

4つ目は、高額療養費制度に似ている医療費控除です。これは、一世帯にかかる医療費の支払いの合計が、年間で10万円以上になった場合に申請することで、税務署から返ってくる医療費です。このように公的補助制度を出産にかかる費用をとても抑えてくれるのです。

 

(4)最後に

155

母子家庭の出産費用をサポートする制度は今回紹介した4つ以外にもたくさん存在します。これらはすべて、知らずに支給を受けないととても後悔するような、母子家庭の家計を助けてくれるものです。基本的には申請が必要なため、きちんと調べて、「知らなくて損をした」をなくすようにしましょう!

関連記事:

総額18万!?図解で学ぶシングルマザーが簡単に受けられる8つの支援制度

シンママが生活保護で暮らしやすい自治体って?

月15万円未満で暮らす!シングルマザーのための生活費節約術