81

子供2人を育てるシングルマザーがやっている節約術とは!?

子育てはお金がかかりますよね。でも子どものためなら、節約して子供の大切なところにはお金をかけてあげたいと思うのが親心。 今回はシングルマザーにおススメな、簡単な節約方法をいくつかご紹介します。

81

子育てはお金がかかりますよね。でも子どものためなら、節約して子供の大切なところにはお金をかけてあげたいと思うのが親心。

今回はシングルマザーにおススメな、簡単な節約方法をいくつかご紹介します。

 

(1)子供2人を育てるのは2人親家庭でも大変

82

子供にかかるお金は、主に教育費と養育費に分けられます。

養育費は、子供の誕生にかかわる妊娠、出産また育児のためのさまざまな費用のことです。例えばおむつ代や、食費、衣料費などが含まれます。「AIU現代子育て考」(2005年)のデータによると、出産費用も含めた子供の22年間での養育費はトータルで約1,640万円にも及ぶそうです。また、教育費は、幼稚園から大学までオール公立の場合の教育費1,000万円、オール私立の場合なら教育費として2,000万円となり、それぞれ先ほどの養育費にプラスするとそれぞれ一人につき2640万円、3640万円必要な計算となります。

単純計算で、子供を二人育てるには6000万円ほど必要なことになります。

 

(2)子供2人を育てるシングルマザーの悩みとは?

83

子育てにお金がかかる一方で、シングルマザーの平均年収は非常に低いものとなっています。なんと母子家庭世帯の平均年収は291万円、母親自身の平均年収は223万円なんです。児童のいる世帯の全国平均年収は658.1万円なので、それを大きく下回っていることがわかります。子育てにかかる費用を母親の収入だけでまかなうのは厳しいものがあります。

 

(3)子供2人を育てるシングルマザーがやっている節約術

84

では、どのように節約をすれば良いのでしょうか? ここからは節約方法をご紹介します!

フリマアプリ・オークションを有効活用
子どもの成長は早いもの、子どもの服は可愛くてどんどん欲しくなるけれども、すぐにサイズアウトしてしまい買い替えなければなりません。「それってもったいないですよね!?」そこでオススメできるのが、簡単に安く子供服が購入できるフリマアプリです。
中古だけでなく新品の商品も出品されているので、人が着たものはちょっと・・という人でも大丈夫ですよ。元が高いブランド品でも安く手に入れることができます。もちろんお母さんの洋服、小物も入手できますよ。
また、フリマアプリに出品すれば、自分や子供が使い終わった服をまた転売することもできるので、良いお小遣い稼ぎになりますし、要らないものの整理にもなりますね。
ぜひネットオークションやフリマアプリを始めてみましょう!

②ベビー特典を活用しよう
低年齢のお子様がいるご家庭に嬉しいプラン、それがベビー特典です。食料品やお水の宅配などでも、ベビー特典を使えば、赤ちゃんにやさしい体にいい食材を手頃な値段で入手することができます。「らでぃっしゅぼーや」や「アクアクララ」のベビアクアプランが有名ですね。
嬉しいプランは積極的に活用しましょう!

③保険を見直そう
みなさんは今加入している保険は適切だと言いきれますか? 何となく加入してほったらかしになりがちなものが保険です。例えば親の医療保険料は掛け捨てタイプなら2000円前後で済みます。もし価格が上がってきたら、その都度見なおすべきです。下がっている保険に乗り換えて契約するために、プロに判断してもらうことをオススメします。
赤ちゃんの通院費・入院費は国が出してくれるため、必要ないと考える人もいるようです。しかし万が一、重い病気にかかった時、検査費用や先進医療費が実費になることも考えられるので、必要だと思うお母さんは出生届を出したら即加入することをオススメします。
病気にかかってからでは保険に入れない場合もあるので注意しましょうね。

 

(4)最後に

85

以上、子供を育てるシングルマザーがやっている節約術についてご紹介しました! 節約のコツは、節約を大変なものと思い込まないでそれを楽しむことです。せっかくやるなら、身近なことから家族みんなで楽しみましょう。

出典:
http://www.nenshuu.net/shoku/any/single_mother.php
http://woman-money.nifty.com/intelligence/education/detail/120615000085_1.htm
http://mamari.jp/3910