581

母子家庭って給料だけでやってけるの?手当ってどの程度あるもの?

女性の社会進出が謳われる昨今ですが、一方でそれを支える仕組みがまだまだ不足しているのが現状です。頑張る女性を応援したい! ということで今回は、シングルマザーとして家計を支える女性に知っておいてほしい話をまとめました。

581

女性の社会進出が謳われる昨今ですが、一方でそれを支える仕組みがまだまだ不足しているのが現状です。頑張る女性を応援したい! ということで今回は、シングルマザーとして家計を支える女性に知っておいてほしい話をまとめました。

 

(1)母子家庭の収入と支出ってどの程度かかるもの? 

582

母子家庭の平均収入は220~290万円程度。参考にする年度やサイトによって数値に多少の前後がみられます。その中で確実にいえることは「両親がともにいる家庭よりも収入が低い」という点です。1つの例として年収が223万円の家計があったとします。労働による収入は毎月約15万円、それに補助金が毎月3万円程度入っていると予想できます。となるとその内訳は、家賃・光熱費などの生活に必要なものだけでほぼ支出に変わり、自由になるお金や貯蓄に回せるお金がほとんど無いといえるでしょう。

子どもの養育のことを考え、定時であがれるパートや非正規雇用を選ぶ女性が多いことが低収入の要因のひとつでもあります。母子家庭だからこそ収入が低くなってしまいがち、といえるでしょう。だからこそそんな母子家庭を支える手当ては利用すべきです! 次の項目では知っておくべき手当てを紹介していきます。

 

(2)しっかりもらってる? 母子家庭なら押さえておきたい手当って? 

583

母子家庭の支援制度は遺族年金を除いて9つ程度あります。収入や子どもの数によって審査されるものが多く、提出する書類がわからない….と諦めてしまう方もいるようです。基本的に母子家庭への手当ては市区町村で取り決められているので、わからない場合は自分が住んでいる場所の役場で聞くか、ホームページを確認してみましょう。

①児童手当
②児童扶養手当
③特別児童扶養手当
④障害児童福祉手当
⑤児童育成手当て
⑥母子家庭住宅手当
⑦生活保護
⑧ひとり親家庭等医療費助成制度
⑨乳幼児・義務教育就学時の医療費助成制度

以上9つが挙げられる手当てです。

収入が前年よりも大幅に減ってしまったときには国民健康保険と国民年金の軽減措置があるということもしっておくとよいかもしれません。また、手当てとは異なりますが近年「マザーズハローワーク」という母子家庭のための就職支援拠点が増えており、平成26年までに全国20箇所の設置されています。また、ハローワークにマザーズコーナーが設置された場所は160箇所になっていました。この場所で同じ母子家庭のかたと出会い情報交換をしてみると、意外と知らない助成制度や自分は知っていても回りが知らなかった! なんてことがあるはずです。手当てについてしっかり情報を掴んで少しでも貯蓄や生活に使っていきましょう。

 

(3)来のための貯蓄はどの程度すればいいの? 

584

1項目目にお伝えしたとおり、母子家庭の収入と収支はほぼ同じで貯蓄に回す余裕なんてない! という声が聞こえてくるきがします。
しかしながら、知っておくべき事実がもうひとつあるのです。

それは、将来必要とされる貯蓄額。どのような生活を求め、子どもを大学まで行かせるかによってなど様々な要因で理想とする貯蓄額は変わってきます。個人によって理想は違っても、いつの日か働けなくなる日がくることは確かです。金融広報中央委員会が2014年に実施したアンケートによると、老後生活を賄うために理想的な貯蓄金額は2144万円でした。

生活水準を落とすとしても1000万円の貯蓄はあった方がよいでしょう。しかし、実際に今日本にいるシングルマザーの家計のうち50%は貯蓄が無いと回答しています。半数が目標とする1000万円にたいして0なのです。もちろん、絶対に貯蓄しなければならないとは言えませんが可能な限り意識すべきであるとは断言できます。手当てや就業支援を上手に使いながら、少しずつ出来る分でも良いので貯蓄を始めていきましょう!

 

(4)最後に 

585

いかがでしたでしょうか。実際に母子家庭で奮闘する方もそうでない方も、厳しいといわれる母子家庭の現状とそれを支える手当てについて知っていただけたのであれば嬉しいです。明日ではなく今日から、少しずつでもできることから、はじめていきましょう!