5401

シングルマザーの出産にかかる費用と活用したい出産支援特集!

母親にとって、出産は人生の一大イベントです。何ヶ月も自分のお腹の中にいた愛しい我が子にやっと会えるのですから、安心できる環境で安全に出産したいですよね。それでも、多くのシングルマザーには生活が苦しい実情もあります。実績のあるお医者さんにかかりたい気持ちがある反面、費用はできるだけ安く抑えたいはず。 実際にシングルマザーの妊娠、出産はどのくらいの費用がかかるのでしょうか?また、その費用をできるだけ節約する方法はあるのでしょうか? 今回はそういったシングルマザーの疑問に答えていきたいと思います。

5401

母親にとって、出産は人生の一大イベントです。何ヶ月も自分のお腹の中にいた愛しい我が子にやっと会えるのですから、安心できる環境で安全に出産したいですよね。しかし、多くのシングルマザーには経済的に苦しい実情もあります。実績のあるお医者さんにかかりたい気持ちがある反面、費用はできるだけ安く抑えたいはず。

実際にシングルマザーの妊娠、出産はどのくらいの費用がかかるのでしょうか?また、その費用をできるだけ節約する方法はあるのでしょうか? 今回はそういったシングルマザーの疑問に答えていきたいと思います。

 

(1)シングルマザーの妊娠、出産ってどのくらいの費用がかかるの?

5402

妊娠・出産にかかる費用は、健康保険には該当しないため、基本は自費です。妊娠検診は一回あたり最大で5000円ほどかかり、出産までの検診は、人によりますが平均的に15回前後です。基本は自費ですが、自治体によっては助成金が出るので、積極的に自分が該当する制度を確認しましょう。出産をするのには、40万円前後の費用がかかります。また、出産後の子供用品やマタニティ用品は、良いものを買おうとすればするほどお金がかかりますが、大切な子供のためには良いものが買いたいですよね。

出産後の生活も視野に入れて、どれくらいお金がかかるか一度計算してみてください。

 

(2)出産支援の制度を活用しよう

5403

出産支援の制度として有名なのが、出産児一時金です。
児童一人につき42万円が、シングルマザーあてに支給されます。

他にも、出産支援の制度は各自治体や団体によって様々な種類のものが用意されています。しかし、すべてのシングルマザーが等しく支援を受けられる訳ではありません。受給のための要件に該当しない方はその制度を活用することができません。残念ながら魅力的な制度でも居住する自治体の違いなどから受けられないという事がよくあります。活用できる制度は、自分の情報収集の量によるものですから、積極的に情報収集につとめましょう。

効率的な情報収集の手段として「シングルマザーの先輩への相談」が挙げられます。あなたと同じ境遇の人なので、あなたも活用できる制度について詳しいです。また、相談することで信頼関係が築くことができます。そうすれば、出産後の子育てに関しても相談できる力強い味方になってくれるはずです。ぜひ、積極的に信頼できるシングルマザーの輪を広げてください!

 

(3)シングルマザーなら押さえておきたい出産の節約術

5404

まず、出産場所によって、出産にかかる費用が変わってきます。主な選択肢としては、個人産院、総合病院、または助産師さんを呼んで自宅で出産することが考えられます。それぞれ各々のメリット・デメリットがあるため、それらを考慮して、自分に最も合った出産方法を選んでみてください。

まったくもってお金に余裕がない、という方には、自宅出産をおすすめします。
自宅で行うため費用も25〜40万円程度と出産費用としはお手頃ですし、慣れ親しんだ場所なので気を張る必要もありません。

 

(4)最後に

5405

出産は、既婚の女性、シングルマザーに限らず、女性ならば人生の一大イベントのはず。生活費用をうまく切り詰めているシングルマザーにとっては、出産費用を安く抑えたいという願望があると思います。しかし、出産費用はかかってしまうものなので、安くすることにばかり捉われる事は避けるようにしてください。支援制度の情報収集や支援者を探すなど、自分次第でどうにでも変わります。ぜひ、普段の生活で節約などをしながら準備を進め、出産を楽しんでください。苦労して出産した子どもはきっとかわいい心の支えになってくれます。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。