5331

シングルマザーがもらえる手当っていくら!?

シングルマザーは、一人で家族全体の家計を支えなければならないと思うとその負担は大変大きいものです。しかし今の日本社会はシングルマザーに対して寛容であるとは言い難い状況です。 母子家庭に対して、国や自治体は各種の経済的支援をおこなっていますが、残念ながら、そのことはあまり広く知られていないというのも現状です。 支援制度はきっとあなたの生活に役立つことですので、 現在、シングルマザーの方も、友人・知人や身内にシングルマザーが居る方も、「私ももしかして、これから…」という方も、しっかりとその内容を把握しておきましょう。

5331

シングルマザーは、一人で家族全体の家計を支えなければならないと思うとその負担は大変大きいものです。しかしながら、今の日本社会はシングルマザーに対して寛容であるとは言い難い状況です。

母子家庭に対して国や自治体は各種の経済的支援をおこなっています。しかし残念ながら、そのことがあまり広く認知されていないという事も現状です。

支援制度はきっとあなたの生活に役立つことです。

現在、シングルマザーの方も、友人・知人や身内にシングルマザーが居る方も、「私ももしかして、これから…」という方も、しっかりとその内容を把握しておきましょう。

 

(1)シングルマザーのみなさん、お金に困っていませんか!?

5332

シングルマザー世帯では、経済面で厳しい生活を送っている世帯が多いです。

日本の1世帯あたりの平均所得金額は537万円であるのに比べ、シングルマザーの平均収入は223万円であると言われています。貯蓄がほぼゼロという世帯も少なくありません。

 

(2)シングルマザーの支援制度はこんなにいっぱい!

5333

女性が安心して子育てをするための、シングルマザー世帯への支援制度はたくさんあります。

①児童手当
②児童扶養手当
③特別児童扶養手当
④障害児福祉手当
⑤児童育成手当
⑥母子家庭・父子家庭の住宅手当
⑦生活保護
⑧ひとり親家庭等医療費助成制度
⑨乳幼児や義務教育就学児の医療費助成
⑩遺族年金

思っていたよりたくさんあると感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか? では、それぞれどのくらの額がもらえるのか。その主なものを見てみましょう。

 

(3)シングルマザーが貰える手当ってだいたいいくら!?

5334

①児童手当
児童手当とは別名「子ども手当」のこと。
支給対象者は、0歳から15歳までで国内に住所がある児童です。母子家庭に限ったことではなく支給されます。
基本的には、0歳から3歳未満だと月額一律15,000円、3歳から小学校修了までは10,000円(第1子・第2子)第3子以降15,000円、中学生一律10,000円となっています。
しかし、これには所得制限があります。
扶養親族の数によって所得制限が違うのですが、だいたい630万円~800万円程度と考えていただければ良いです。
所得制限に引っかかってしまった場合は、月額5000円が支給されます。

②児童扶養手当
児童扶養手当とは、父母が離婚した児童や父または母が死亡した等で片親に育てられている子、いわゆる母子家庭や父子家庭のひとり親家庭に対して支給される制度です。
全額支給された場合は、児童1人の場合月額 42,330円、2人の場合月額 47,330円、3人の場合月額50,330円、児童3人目以降、1人増えるごとに月額3,000円加算されます。
しかしこれが全てもらえるというわけではありません。
受け取るにも所得制限があり、所得やその家族構成に応じて全額から減額されます。
目安ですが、母親の所得額が100万円で、他に扶養者がなく、こども1人の場合は34,280円、子供が2人の場合は41,390円を受け取ることができます。だいたい2〜3万円受け取ることができるのが平均です。

③生活保護
支給される生活保護費は、厚生労働大臣が定める支給計算があり、「最低生活費-収入」の差額が保護費として支給されることになっています。母子家庭の場合、この最低生活費が上乗せされます。

目安ですが、東京23区に住んでいて、小学生の子どもが2人いるという20歳~40歳までの母子家庭の場合、生活保護費は270,110円になります。

いろいろな条件によって変わってくるので、以下のサイトで計算してみましょう!

「布施弘幸 行政書士事務所」http://fuse-law.jp/cgi-bin/welfare_money.cgi

 

(4)最後に

5335

以上、母子家庭が補助でいくらもらえるのかについてご紹介しました!
大きいものは上記でご紹介した3つなのですが、他にも医療補助や年金の減額、所得税や住民税の減額などもあるので是非調べてみましょう。

これらのほとんどが自分で申請するべき制度なので、忘れずにかつようするようにしましょうね。

参考URL:
https://www.kakei.club/singlemama/teate.html
http://moomii.jp/lifestyle/singlelmother-support.html