4351

あなたを支える!シングルマザーの支援制度15選

母子家庭はどうしても経済的に厳しいものです。 そのために、行政には各種の支援制度が用意されています。ですがそれらは申請してから使えるようになるものがほとんどであり、過去にさかのぼって措置を受けることはできません。離婚届を出したから、勝手に行政の方から「離婚したならこんな制度どうですか?」と個別に連絡がくるわけではないのです。なので、積極的に情報収集をして、早めに手続きをすることが必要となるんです。 そこで今回は、是非とも知っておいていただきたい支援制度についてご紹介します!

4351

母子家庭はどうしても経済的に厳しいものです。

そのために、行政には各種の支援制度が用意されています。ですがそれらは申請してから使えるようになるものがほとんどであり、過去にさかのぼって措置を受けることはできません。離婚届を出したから、勝手に行政の方から「離婚したならこんな制度どうですか?」と個別に連絡がくるわけではないのです。なので、積極的に情報収集をして、早めに手続きをすることが必要となるんです。

そこで今回は、是非とも知っておいていただきたい支援制度についてご紹介します!

 

(1)シングルマザーにはお金の不安がつきまとう…

4352

子どものいる世帯の平均年収が600万円近いのに対し、シングルマザーの平均年収は、養育費や手当を入れても平均で200万円しかありません。お金の問題だけでなく、働きながら子育ての面倒を全て一人でみなければならないため、身体的・精神的な負担も大きいです。こうした過酷な環境で生活しているシングルマザーたちに対し、国がさまざまな支援を講じているのは当然のことだと言えるでしょう。

 

(2)こんなにあります!シングルマザーの支援制度〜児童手当、児童扶養手当〜

4353

まずは、特におさえておきたい児童手当、児童扶養手当についてご紹介します。

①児童手当
離婚していなくても子供がいればもらえる手当です。 しばし、振込口座が夫名義のままということがあるので早めに手続きをするのを忘れないでください。児童手当でもらえる金額は、“所得制限”にかかっているか否かで大幅に変わってきますが、かかっていなかった場合は、3歳未満15,000円、3歳~小学校卒業前10,000円、3歳~小学校卒業前(第3子以降)15,000円、中学生10,000円、所得制限にかかっている場合は、一律5,000円となります。また所得制限の基準は、扶養親族が0人だと833万3千円、1人875万6千円、2人917万8千円、3人960万円となっており、シングルマザーの平均所得を考えると、引っかかりにくいと言えるでしょう。

②児童扶養手当
離婚や未婚、配偶者の死亡等により、シングルマザーになった場合に支給される手当です。平成22年4月からはシングルファザーにも支給されるよう制度変更されました。童扶養手当の基本的な額は、子ども1人だと月額42,000円、子ども2人だと月額47,000円、子ども3人以降、1人増えるごとに月額47,000円に3,000円ずつ加算されます。
所得制限がかかった場合は“一部支給”となり、

手当(月額)=41,990円-(申請者の所得額-所得制限限度額)×0.0185434

となります。

所得制限額は、扶養親族0人19万円、 1人57万円、2人95万円、3人133万円です。

 

(3)こんなにあります!シングルマザーの支援制度〜児童育成手当〜

4354

続いて、児童育成手当をご紹介します。

児童育成手当は各自治体が独自に行うものです。

そのため、こうした制度を取り入れている自治体はあまり多くはなく、主に東京都で実施されているものになります。

ひとり親家庭になった18歳未満の子どもを持つ家庭(離婚や死別などの理由)を対象に支給され、自治体によって金額は変動しますが、東京都の場合は子ども1人につき13,500円支給されます。

 

(4)最後に

4355

以上、シングルマザーのための補助制度3つをご紹介しました!

シングルマザーの平均年収が一般世帯の収入の3分の1程度しかないことはすでに述べましたね。これにさまざまな支援制度を加えても、もらえる金額は普通の家庭に比べると極端市少ないものです。他にも、住宅手当、医療費、生活保護など、シングルマザーなら受けられる支援がたくさんあるので、ぜひ有効に活用しましょう。これらは自分で申請しなければいけないものがほとんどです。自分で情報を集めて、見逃さないようにしましょうね。

 

参考URL:
http://papimami.jp/3535
http://hoken-kyokasho.com/boshikatei-teat