• HOME
  • 恋愛
  • 社会の実態はコレだ!シングルマザーの再婚率
a51a89abd58e757836fb6c454a54d004_s

社会の実態はコレだ!シングルマザーの再婚率

人生に大きく関わる婚姻のあれこれ。結婚はおめでたい話ですが、離婚や再婚となるとなかなか身近な人の詳しい話は分からないものですよね。ところで皆さんは、1年間に日本で何組の夫婦が結婚したり離婚したりしているかご存知ですか?今回は、最新版の統計をもとに婚姻の実態を見てみましょう。

▼日本の離婚率

834a7277431f571bfbadce583ea05e30_s

・3組に1組が離婚?!

%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e7%8e%87

日本の離婚率について、「3組に1組が離婚している」というのを聞いたことがある方も多いかもしれませんね。これは一体どういう計算に基づいているのでしょうか。まずは、最新版の統計を用いて離婚の実態を見ていきましょう。厚生労働省が2016年に発表したデータを元に、2012年から2016年までの婚姻件数・離婚件数をまとめたのが上の表です。(2012年から2015年は確定数、2016年は推計数)

この統計から、1年間に62〜67万組の夫婦が誕生し、21〜24万組の夫婦が離婚していることが分かりますね。この婚姻件数を離婚件数で割る計算から、「3組に1組が離婚」という考え方ができます。上の表にもあるように実際に計算をしてみると、2.8~2.9と毎年ほぼ3に近い数字が出ています。

(出典:厚生労働省 平成28年(2016)人口動態統計の年間推計 人口動態総覧の年次推移

 

▼バツ1女性の再婚率

・離婚経験のある女性の再婚率は約50%!

%e5%86%8d%e5%a9%9a%ef%bc%92

続いて、再婚についても見ていきましょう。こちらも最新版の統計を用いて考えていきます。厚生労働省が2016年に発表した「婚姻に関する統計」では、夫婦それぞれが初婚と再婚どちらの状態で結婚したのかを分けて見ることができます。その内容をまとめたのが、上の表です。夫婦どちらかが再婚であるケースが案外多い、と感じる方もいるのではないでしょうか。

この統計を元に、女性の再婚率を計算してみましょう。上の表では、妻が再婚であるケースは①と③ですね。この2項目の和を全体の離婚件数で割ることで、離婚した女性が再婚する割合を求めることができます。実際にその計算をしたのが、表の一番下にある(①+③)÷◎×100という項目。どの年度もほぼ50%になっていますね。つまり日本では、離婚した女性の半数が再婚しているということなのです。

・日本の結婚全体で再婚率を考えると?

上の表では、夫婦の片方、もしくは両方が離婚を経験しているケースは①と②と③ですね。この3項目の合計を全体の婚姻件数で割ることで、日本全体の婚姻に対して離婚経験のある人が結婚しているケースがどれほどの割合を占めているのか算出することができます。

実際に計算してみると、どの年度も(①+②+③)÷婚姻件数×100=約25%となります。つまり結婚した夫婦の4組に1組は、夫婦どちらかが再婚しているということです。

(出典:厚生労働省 平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」)

 

▼シングルマザーの再婚率は?

6930a9cefd3acd2141de8148c5f2df90_s

女性の再婚率が約50%であることは分かりましたが、やはり気になってくるのは子持ちか、そうでないかというポイントですよね。大手結婚相手紹介サービスによると、30代前半の会員でいえば4人に1人は婚姻(離婚)歴があり、女性の半数は子供がいるとのこと。

事実婚の浸透など婚姻の形態が多様化している現代では、子連れ再婚は増加傾向にあるようです。芸能界でも、広末涼子さんや土屋アンナさん、谷原章介さん、渡辺謙さんなど、たくさんの子連れ再婚が成立しています。

また、子どもがいる女性と再婚することでいわゆる「継父」になるお父さんは「ステップファザー」と呼ばれます。宮部みゆきの小説「ステップファザー・ステップ」が、2012年にTBS系列でテレビドラマ化され話題になったこともあり、「ステップファザー」という言葉はどんどん浸透しています。ちなみに、夫婦どちらかに子どもがいる状態で再婚することで、新しく築かれる家族は「ステップファミリー」と呼ばれます。

▼再婚後の離婚率

4ee094a801f77c1a41af217ae59bfc46_s

一般的に、初婚の時よりも再婚後の方が離婚率は高くなると言われています。2組に1組は離婚してしまうというデータもあるようです。理由としては、初めての離婚ではないため方法が分かっており、初婚時よりも離婚に対する抵抗が少ないということや、子連れ再婚の場合は家庭内でトラブルが発生してしまうということなどが挙げられます。

また、離婚経験のある人同士での再婚よりも、初婚×再婚という組み合わせの再婚の方が離婚率が高いという傾向が見られるそう。離婚経験の有無からすれ違いが生じてしまうケースがあるようです。

 

▼まとめ

c98004168caa63cdbc0864db212188ff_s

いかがでしたか?婚姻について数字で見てみると、イメージと違ったというポイントもいくつかあったのではないかと思います。統計という客観的なデータを参考にしてみるのもいいかもしれませんね。統計や婚姻に関する下記の記事も是非合わせてチェックしてみてくださいね!

関連記事:

社会はこう変わっている!数字で見るシングルマザーの「率」

再婚前に知っておきたい!”事実婚”と”法律婚”どっちがいいの?

シングルマザーの結婚問題!再婚ってやっぱり難しい??

実はあの人も! 子連れ再婚が成功した芸能人!