• HOME
  • 恋愛
  • 実はあの人も! 子連れ再婚が成功した芸能人!
171

実はあの人も! 子連れ再婚が成功した芸能人!

さまざまな理由からパートナーとうまくいかずに離婚を選ぶ方も少なくはないと思います。新たなパートナーを探すにあたって、子連れだと相手に嫌がられるのでは? と感じている方もいるかもしれません。しかし世の中には子連れ再婚が成功した例というのは数多くあります。代表的な例として芸能人の子連れ再婚例をご紹介します。

171

さまざまな理由からパートナーとうまくいかずに離婚を選ぶ方も少なくはないと思います。新たなパートナーを探すにあたって、子連れだと相手に嫌がられるのでは? と感じている方もいるかもしれません。しかし世の中には子連れ再婚が成功した例というのは数多くあります。代表的な例として芸能人の子連れ再婚例をご紹介します。

 

(1)子連れ再婚の成功者第1位 山口もえ

172
画像出典:http://prt.iza.ne.jp/kiji/entertainments/images/150803/ent15080320000022-p1.jpg

つい最近爆笑問題の田中さんと再婚して話題になった山口もえさんですが、以前結婚していた事業家の方との子どもを連れて再婚しました。田中さんの方も離婚を経験しており、バツイチ同士の再婚ということもあり、田中さんの理解もあったと思われます。

また、子どもと田中さんとの相性も凄く良いらしく、山口さんいわく、「子どもがなついたのが決め手」と語るくらいらしいです。3年間程の交際を経ての結婚ですので、末長く幸せに暮らしていけるでしょう。田中さんも優しい印象の方ですので、温かい家庭が築けることが容易に予想できますね。

 

関連記事: え、実はあの人も?! 芸能界で活躍するシングルマザーたち

 

(2)子連れ再婚の成功者第2位 大塚寧々

173
画像出典:http://astral-jp.net/img/photo_neneohtsuka.jpg

次に大塚寧々さんの例を見てみましょう。モデルとして芸能界デビューを果たし、現在ではさまざまな場面でのテレビ露出が増えていると同時に、芸能界のおしどり夫婦として名高い大塚寧々さんと田辺誠一さん夫婦ですが、こちらも大塚寧々さんの連れ子を受け入れての再婚でした。2001年にミュージシャンの元旦那との離婚を経て、2002年に田辺さんとの再婚をしました。

再婚後に夫婦でCMに出演するなど、良い関係性がうかがえます。美男美女のルックスも相まって、まさに理想の夫婦像のようですよね。特に夫の田辺さんは愛妻家らしく、時間があれば奥さんの大塚さんと楽しく会話をしているとのことです。連れ子との関係も良好らしく、再婚は大成功といっても全く過言ではないでしょう。

 

関連記事: 結婚したいシングルマザーが失敗しないための相手選び3つのポイント

 

(3)子連れ再婚の成功者第3位 南果歩

174
画像出典:http://ure.pia.co.jp/mwimgs/2/f/350/img_2f818f5ec26f82f1c408830682ad3c683758948.jpg

最後に紹介するのは、女優の南果歩さんです。元旦那は度重なる離婚、再婚報道で世間を騒がせた辻仁成さんで、1995年に結婚後辻さんとの間にお子さんをもうけました。その後、2000年に離婚し、テレビドラマでの共演をきっかけに、現在ではハリウッドなどでも大活躍中の、日本を代表する大物俳優、渡辺謙さんと2003年にゴールインし、大物俳優同士の結婚とのことでメディアを騒がせました。最近、東出昌大さんとの結婚をした杏さんや渡辺大さんなど、渡辺謙さん自身も前妻との間にお子さんをもうけており、お互いが子連れ再婚ということでもメディアを騒がせました。

最近では結婚10周年のパーティーを開いたり、お二人の自転車デートが目撃されたりするなど、とても良好な関係がうかがえます。

また、お二人ともガンを経験しており、特に渡辺謙さんのガンは南さんの勧めで受けた人間ドックで早期発見ができ、自身も夫の入院を機に受けたところ乳ガンを早期発見できた、とのことで、南さんの思いやる気持ちがお二人の命を救ったと言えるでしょう。病気を通して、お二人の絆はいっそう深まったはずです。

 

関連記事: 知っていますか!?貧困に苦しむシングルマザー家庭で育った偉人達!

 

(4)最後に

175

以上のように、芸能界で見ても、子連れ再婚でうまくいっている例というのはたくさんあります。一般的には、子連れでの再婚は難しいものだと思われていますが、結婚のパートナー探しの条件に、「自分の子供も一緒に幸せにしてくれる」というものが新たに含まれるため、慎重になってパートナー選びができるため、かえって良い人を選べるようになるということが言えるかもしれませんね。

ただ単に好きというだけでは選べなくなってしまうかもしれませんが、長い目で見て、一緒にいて楽しく、子供も一緒に明るい家庭が築けるような人と結婚できれば良いですね。