• HOME
  • 恋愛
  • 未婚のシングルマザーの私って結婚できるの??結婚がグッと近づく3つの法則
2-5

未婚のシングルマザーの私って結婚できるの??結婚がグッと近づく3つの法則

もうこりごり…」男性と別れた直後は誰だって口にする言葉。ひとりで強く生きていこう!そう決心したものの、たまに不安に襲われたりもするはず。「この先どうなっていくんだろう…」「この子のことを一人だけで育てられるのか…」などネガティブなことを考え始めたらキリがありません。ですが、ポジティブに言い換えれば、この先が分からないというのは予期せぬ出会いも期待できるということ。一生一人だ、なんて思いこまずに幸せな結婚生活を送る権利だって持っていることを忘れないでください!今回はそんな結婚が近づくための3つの法則をお教えします!

smm3261
画像出典:http://www.photo-ac.com/

「もうこりごり…」男性と別れた直後は誰だって口にする言葉。ひとりで強く生きていこう!そう決心したものの、たまに不安に襲われたりもするはず。「この先どうなっていくんだろう…」「この子のことを一人だけで育てられるのか…」などネガティブなことを考え始めたらキリがありません。ですが、ポジティブに言い換えれば、この先が分からないというのは予期せぬ出会いも期待できるということ。一生一人だ、なんて思いこまずに幸せな結婚生活を送る権利だって持っていることを忘れないでください!今回はそんな結婚が近づくための3つの法則をお教えします!

 

(1)未婚のシングルマザーが結婚するための法則その1

smm3262
画像出典:http://www.photo-ac.com/

気になる男性がいたらまずは「自分にとって良きパートナー」であるかを考えましょう。子供がいるとどうしても子供目線になってしまいがちですが、初期の段階では自分の気持ちを第一優先にするのが大切。子供目線で将来の夫を選んでしまうのは、むしろ子供の為の「父親選び」になってしまいます。それは子供の気持ちを考えているようで実はそうではなかったりします。自らの気持ちを優先させたパートナー選びをすれば、何年たっても相手を好きでいられるはず。将来子供は親元から巣立っていくと思いますが、あなたは一生そのパートナーと過ごすことになるでしょう。それにも関わらず「父親選び」をしてしまっては子供にもパートナーにも失礼なこと。自分が相手をきちんと愛せること・尊敬できることなど、自分の心に従ってパートナーを選べると良いですね!

 

(2)未婚のシングルマザーが結婚するための法則その2

smm3263
画像出典:http://www.photo-ac.com/

そうは言っても、もちろん気になるのが子供の気持ち。しかし母親の嬉しそうな顔を見るのは子供にとっても喜ばしいこと。必要以上にそのことで頭を悩ませるのは、あまり意味のないことかもしれません。結局考えたところで、小さなお子さんであっても意思を持った一人の人間。心の中が全て分かるなんてあり得ないのです。それを前提として、子供の精神状態が安定しているときに新しいパートナーの話をしてみるのが良いと言われています。子供の気持ちが分からない!と嘆かず、冷静に判断してお話ししてみましょう!

 

(3)未婚のシングルマザーが結婚するための法則その3

 smm3264
画像出典:http://www.photo-ac.com/

お付き合いしている男性がいて、結婚も考えているけれどイマイチ踏み出せない…という方は、しっかり周囲に相談しましょう。わりと今までは全て一人で考え解決してきたという人も多いと思いますが、ときには周りの意見に耳を傾けてみてください。彼を紹介して直接会ってみるのも良いですね!すると、あなたの両親や友人は、あなたには見えていない彼の新しい一面を教えてくれるはず。これは非常に大切なこと。また、実は自分のことも自分ではよく分からないもの。あなたの良き理解者たちはそのパートナーとあなたがうまくいきそうかを冷静に判断してくれるでしょう。もちろん、最後に決断するのはあなた自身。しかし様々な情報を得たうえでの決断のほうが、一歩踏み出しやすくなるのも事実です。その一歩の為に自分のことを大切にしてくれる周囲の人に相談してみてはいかがでしょうか?

(4)最後に

smm3265
画像出典:http://www.photo-ac.com/

結婚、と口では簡単に言えますが実はとっても勇気のいるのですよね。とくにお子さんのいるみなさんならなおさら心配事もあるはず。しかし、机に座って心配だ、心配だ、と言っていてもなにも始まりません!まずはとにかく行動。そしてときには立ち止まって考える。これを繰り返していれば絶対にうまくいくはずです!そして忘れないでほしいのが冷静さ。気持ちだけで突っ走るのも良いですが、一歩引いて自分を見つめなおせる客観性も持てるよう心がけましょう。