• HOME
  • 恋愛
  • 結婚したいシングルマザーが失敗しないための相手選び3つのポイント
161

結婚したいシングルマザーが失敗しないための相手選び3つのポイント

結婚したのはいいけれど、価値観の違いやすれ違いなどの様々な理由によって離婚を選択する女性は少なくありません。そのままずっとシングルマザーのままでいたい人もいれば、新しい恋愛を始めて結婚を考える方もいますよね。そんなシングルマザーが失敗しないための相手選びのポイントについてまとめていこうと思います!

161

結婚したのはいいけれど、価値観の違いやすれ違いなどの様々な理由によって離婚を選択する女性は少なくありません。そのままずっとシングルマザーのままでいたい人もいれば、新しい恋愛を始めて結婚を考える方もいますよね。そんなシングルマザーが失敗しないための相手選びのポイントについてまとめていこうと思います!

 

(1) シングルマザーだって結婚したい!

162

シングルマザーということはそもそも未婚か、もしくは一度結婚したのに離婚しているということです。離婚した人の理由は、相手と合わないからという可能性もあれば、夫が病気や事故により死んでしまったからという可能性もあります。どちらにせよ、離婚した直後はもう結婚なんてしたくない! と思ってしまう人が多いと思います。旦那に振り回されて縛られていた結婚生活からようやく解放されて、これからはシングルマザーとして母親に徹していこう! と考えることが多いはずです。離婚直後にすぐさま新しい恋愛に目を向けられる人は少ないと思います。

しかし、女性だったらもちろん、幸せな結婚生活に憧れますよね? 子供がいて、夫がいて、毎日が暖かい生活というものに一度はなってみたいと考えるはずです。また、離婚直後に弱っている自分を支えてくれたり、優しく受け入れてくれたりする男性に出会ってしまうと、好きになってしまったり、この人と結婚したいと感じてしまうと思います。シングルマザーといえども一人の女性、気の合う男性に出会ったら結婚をしたいと考えるのも普通のことなのです。

 

(2) シングルマザーの結婚には様々なハードルが

163

シングルマザーの結婚は、初婚である女性の結婚と比べていくつかのハードルが存在すると言えます。シングルマザーと聞いただけで、「離婚をするだけの何かしらの原因があるのではないか」「離婚歴があるのはちょっと……。」などといった偏見を持っている男性は少なくありません。それだけでもすでに初婚の女性に比べたらスタート地点が後ろになってしまっているのです。

また、それに加えてシングルマザーということは、男性からすると自分と血の繋がっていない子供がいるということです。例えば自分の仕事後にシングルマザーの女性を食事に誘いたい、休日にどこか遠くに出かけたいと思ったとしても、子供がいるというだけで行動範囲は限られてしまうし、いわゆる大人デートのようなことはできないということが考えられます。それに加えて、もしも結婚したら自分と血が繋がっていない子供を、自分の子供として育てていかないといけないのです.

子供の年齢がまだ幼いのなら問題ないかもしれませんが、それなりに自我を持つようになった年齢の子供だったとすると、自分のことを受け入れてくれるかなどの親子関係の不安なども絶えないでしょう。このように、シングルマザーは結婚したいと考えたとしても、すんなりと受け入れてもらうにはハードルが多いのです。

 

(3) シングルマザーが結婚相手で失敗しないための3つのポイント

164

シングルマザーが結婚相手を選ぶ際に失敗しないためのいくつかのポイントが存在します。

今回はその中でも3つのポイントについてまとめていこうと思います。

まずシングルマザーとの結婚で一番考えてもらいたいことが結婚後の生活についてです。普通の結婚とは少し環境が違うため、よく話さない状態で結婚してもう一度同じ過ちを起こさないためにも、きちんと子どものことや自分たちの生活について話し合うことが最重要となります。

次に、自分の子供と結婚相手の相性をきちんと見ることです。自分は子供とも結婚相手ともうまく関係を築けていたとしても、子供と結婚相手の相性がいいとは限りません。家族で仲良く暮らしていくためには、お互いの相性をきちんと見ることが必要です。

最後に経済面です。結婚相手からしたら、今まで自分1人の生活費を稼ぐだけでよかったのに突然シングルマザーとその子供の最低でも2人以上の生活費が加わり、3人分の生活費を稼がなくてはならなくなるのです。自分たちの生活費をきちんと養える経済力があるのか、ということは結婚相手を選ぶ際に大切となります。

 

(4)最後に

165

いかがでしたか? このように、シングルマザーの結婚にはいろいろなハードルがあり、難しいと思いこんでいる人もいるかもしれません。しかし、シングルマザーといえども一人の女性なのです。一度辛い思いをしたかもしれませんが、その事実をきちんと次へ踏み出すステップとして、幸せな結婚生活を手に入れましょう!