smm

忙しいシングルマザーこそ要注意?!高湿度の健康被害

忙しいシングルマザーの皆さん、普段お部屋の湿度は気にしていますか?湿度が高いとムシムシする…くらいにしか考えないかもしれませんが、実は高湿度の環境は大人よりも子供へのダメージがあります。今回は高湿度に置ける健康被害と除湿対策を4つ紹介します。

▼日本の夏の平均湿度→約75%!

smm

日本の夏の平均湿度は約75%。しかし、人が快適に過ごせる湿度は40~60%です。平均湿度よりもかなり低い数値ですよね。「部屋がムシムシして気持ち悪い」…と感じる原因も高湿度にあります。では、湿度が高いとどのような健康被害があるのでしょうか?赤ちゃん・子どもに対する健康被害を中心に見ていきましょう。

 

▼高湿度で起きる健康被害…

smm1
健康被害その1・カビが発生する

カビが発生しやすい湿度:60%以上

一般的に、カビは温度20℃〜30℃、湿度60%以上で発生しやすくなるとされています。高湿度であればあるほど繁殖しやすいのもカビの特徴です。カビ発生によって起きる健康被害は、呼吸器系のアレルギー全般です。特に赤ちゃんがかかりやすく、カビ肺炎・気管支炎などが挙げられます。


健康被害その2・熱中症になる

熱中症になりやすい湿度:75%以上

熱中症は、気温が高い場所・直射日光が当たる屋外だけで起きるものだと思っていませんか?実は熱中症は気温が高くなくても、高湿度の部屋の中では十分になりえます。高湿度の環境下にいると、汗が出にくくなり体の内側に熱がこもってしまうためです。特に赤ちゃんは自分で服の脱ぎ着が出来ません。自力で体温調節ができないだけでなく、体の体温を調節する器官も発達途中です。大人よりはるかに熱中症になりやすいので注意しましょう。


健康被害その3・ダニが繁殖する

ダニが繁殖しやすい湿度:60~80%

ダニはカビと同様に、温度20℃~30℃、湿度60~80%の条件下で発生します。赤ちゃんや幼い子供は、大人よりも体温が高いため、ダニに狙われやすいです。ダニが大繁殖してしまうと、赤ちゃんがダニアレルギーになったり・ダニに噛まれる危険があります。ダニを完全に退治するのは難しいですが、湿度を抑えてなるべく繁殖を食い止めたいですね。


▼オススメ除湿術4選

smm2

高湿度で様々な健康被害が引き起こされることがわかりましたが、ではどうやって除湿すればいいでしょうか?除湿について考えていきます。

 

①エアコンの除湿機能を使う

手っ取り早いのがエアコンの除湿機能です。しかし注意したいのが、エアコン自体は綺麗か?ということ。エアコンにカビが生えていたら、結果カビ菌を撒き散らしてしまうことになります。前述のように、カビは赤ちゃんや子どもの病気を引き起こす原因となります。エアコンが綺麗か確認してから除湿機能を使うようにしましょう。

エアコンの掃除については、以下の記事で詳しく解説していますのでチェックしてください。

関連記事:エアコン大掃除するなら今!プロが教えるお手入れ方法


②窓を開けて換気する

窓を開けて換気し、部屋に風の通り道を作ります。しかし、雨が降っている日は逆にジメジメした空気を家の中に取り込むことになってしまうので逆効果です。雨が降る日は窓を開けないようにしましょう。換気をするときは普段閉めるクローゼットも開けましょう。クローゼット内は空気が循環しにくいためカビが発生しやすい環境です。窓を開けたついでにクローゼットの中の空気も入れ替えましょう。


③扇風機で空気を循環させる

扇風機またはサーキュレーターで空気を循環させます。ジメジメした空気を撹拌させる効果があります。空気の撹拌自体は、除湿に直接効果があるわけではありません。しかし、普段通りの生活では、空気はあまり循環しません。洗濯物を部屋干しした時は洗濯物の周囲の湿度ばかり上がってしまいます。扇風機で空気を撹拌させ部屋全体の湿度を均一にしましょう。エアコンの除湿機能と一緒に使うとオススメです!


④重曹で吸湿する

普段の台所掃除で重曹を使っている方も多いのではないでしょうか。重曹には吸湿性と脱臭性があります。重曹の使い方は簡単!カップに重曹を入れるだけです。最初はサラサラな重曹も、吸湿すると固まります。一ヶ月に一回ほど固まっていないかチェックするのをオススメします。


▼まとめ

多忙なシングルマザーの皆さんは除湿まで気が回らないかもしれません。しかし、湿度が高いままだと様々な健康被害を引き起こす原因にもなってしまいます。特に、赤ちゃんや年の小さいお子さんは高湿度の影響を受けやすくあります。まずはちょっとしたことから除湿する工夫をしてみましょう。

対策しても湿度が高いままだとしたら、原因は住んでいるお部屋の立地にあるのかもしれません。住んでいる家の環境がよくないときは思い切って引越しを検討してもいいかもしれませんね。大家さんと直接相談して物件を決められ、紹介手数料も無料になる賃貸サイトも登場しているので、引越しを考えている方におすすめです。シングルマザーの皆さんの子育て、応援しています!

 

サイト内おすすめ記事:

月15万円未満で暮らす!シングルマザーのための生活費節約術

暑い日注意報!お弁当を傷ませないコツはこれ!

【親子お出かけ特集・5月】夏日は水遊びスポットに行こう!【関東7選】