• HOME
  • ライフスタイル
  • 覚えるのはたった”5ポイント” 新洗濯表示、正しく使えていますか?
laundry-963150_960_720

覚えるのはたった”5ポイント” 新洗濯表示、正しく使えていますか?

洋服のタグに書いてある「洗濯表示」のマーク、ちゃんと注意して見ていますか?また、平成28年12月に洗濯表示のマークが新しく変わったことはご存知ですか?今回は、洗濯表示の何が変わったのか・気をつけたい変更ポイントについて詳しく解説していきます。

laundry-963150_960_720

▼洗濯表示改定!前と何が変わったの?

洗濯表示マークというのは、衣類の洗濯方法を表すマーク。素材や形がバラバラな衣類を、それぞれの特徴に合った方法で洗濯するための重要な目印です。そんな表示が上記の通り、平成28年の12月から、従来の洗濯表示マーク22種類→国際規格の41種類へと変わりました。

より細かい表示になることで色落ちなどの衣類のトラブルを防ぎやすくなるほか、国際規格に統一することで外国製の衣類につけられたマークを理解することができ、正しい洗濯方法がわかるというメリットがあると考えられています。

 

▼新洗濯表示のポイント5つ

%e6%b4%97%e6%bf%af

(画像出典:消費者庁HP

画像のように、新しくなった洗濯表示では、5つの基本記号(洗濯、漂白、乾燥、アイロン、クリーニング)と、付加記号(温度や強さなどを表す)の組み合わせが用いられています。

では、具体的にどんな変更点に気をつけたらいいのか、消費者庁のHPを見てみましょう。

 

▼新洗濯表示ポイント①:洗濯可能?→オケマーク!

%e5%ae%b6%e5%ba%ad%e6%b4%97%e6%bf%af

一番気になるのは洗濯方法ですよね。洗濯については、オケのマークを見ましょう。オケの中に書いてある数字は、洗濯温度の上限を表しています。下線は付加記号と呼ばれるもので、線が多いほど弱い洗い方をする必要があります。手が描かれているものは40度以下で優しく手洗いするという表示、オケにバツが描かれているものは、洗濯機・手洗い含め、家庭での洗濯ができないという意味です。

 

▼新洗濯表示ポイント②:漂白剤可能?→三角マーク!

%e6%bc%82%e7%99%bd

続いて注意したいのが漂白方法。漂白剤を使うときは洗濯表示を見るという方も多いのではないでしょうか。三角マークを見て、中に2本の線が入っているものは、塩素系漂白剤が使えません。また、バツが描かれているものは漂白ができません。

 

▼新洗濯表示ポイント③:干し方は?→四角マーク!

%e4%b9%be%e7%87%a5

乾燥方法についてはあまり意識していないという方もいるかもしれませんね。しかし、濡れたものが乾くというタイミングは、衣類の質が一番変わりやすい時なのです!四角マークを見て、衣類に合った乾燥方法を学びましょう。

マークを見るだけでは干し方が想像しにくいので、新しい洗濯表示に慣れるまでは一覧表を洗濯機の近くに貼っておくというのも良さそうですね。消費者庁のHPには、便利な表がたくさん載っています!有効活用していきましょう。

 

▼新洗濯表示ポイント④:アイロン温度は?→アイロンマーク!

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%b3

アイロンのかけ方については、点の意味を知っていればOK。点が多いほど、高温でアイロンをかければいいということを覚えましょう。バツが描かれているものにはアイロンが使えません。

 

▼新洗濯表示ポイント⑤:クリーニングは?→丸マーク!

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

最後はクリーニングでの洗い方です。クリーニング店でどう扱われるかという表示ではありますが、ドライ洗いなどの機能がついていれば家の洗濯機で洗える場合もあるので、注意して見てみましょう。

丸のなかにPやFが書かれているものは、家庭の洗濯機でドライ洗いができます。洗剤の種類には気をつけましょう。Wと書かれているものは、クリーニング店に洗濯を頼みます。バツが書かれていたり、そもそもクリーニングに関する表示がないものは、家で洗うことができません。

 

▼まとめ

jeans-936684__340

いかがでしたか?今まであまり洗濯表示に注目していなかったという方でも、少し興味が湧いてきたかもしれませんね。正しい洗濯方法を知って実践すれば、衣類が長持ちするようになります。大切な衣類を長く着られるだけでなく、買い替えの頻度も低くなって節約につながるとも言えるでしょう。セーターなど素材が特殊な衣類に関しては注意していたという方も、ぜひ他の色々な衣類の表示マークを見てみてくださいね!

記事参考元:消費者庁HP