101

簡単一手間!ハロウィンお菓子の作り方!

10月末の一大イベントといえばやはりハロウィンでしょう。そんな年に一度の特別な日のために、ハロウィンのお菓子を作ってみるのはいかがでしょうか。今回は、そんなハロウィンお菓子の作り方を紹介します。

101

10月末の一大イベントといえばやはりハロウィンでしょう。そんな年に一度の特別な日のために、ハロウィンのお菓子を作ってみるのはいかがでしょうか。今回は、そんなハロウィンお菓子の作り方を紹介します。

 

(1)ハロウィンにお菓子を作る意味って?

102

子供たちにとってのハロウィンという日は、仮装をして自分の理想のヒーローやキャラクターになりきってみたり、そしてお菓子を交換したりと、たくさんの楽しみが詰まった一日です。

そんなハロウィンの楽しみの一つになるのが、お菓子なのです。ハロウィンには、伝統的にお菓子を交換する風習があります。もともとは魔よけのために行っていたこの風習が日本にも浸透し、現在ではハロウィンにお菓子を用意するというのは当然のことという認識になりつつあります。

用意するお菓子も手作りのほうがより味わい深いものです。普段はなかなかお菓子を作ってあげる時間のないシングルマザーの皆さんにとっては、子どもたちに手作りのおいしいお菓子を食べさせてあげられる貴重な機会なのではないでしょうか。

 

(2)ハロウィンのお菓子は意外と簡単に作れる

103

ハロウィンのお菓子は、いくつかの工夫やポイントだけで、実は驚くほど簡単に作れてしまうことも多いのです。

ハロウィンのお菓子の代表としてしばしば作られるクッキーを例にとってみてみると、凝ったデコレーションが施されているクッキーなどを見かけるかもしれません。しかし、クッキーは簡単に言ってしまえば生地をこねて焼くだけなので、クッキー自体を作るのには手間はあまりかかりません。その分デコレーションに時間が割けるので、凝っているものでも実は時間はあまりかかりません。

また、マフィンもハロウィンのお菓子の定番ですが、こちらも案外簡単にできてしまいます。小麦粉とベーキングパウダーの代わりにホットケーキミックスを使って生地を作ってしまえば、面倒な計量も回数が少なく済みますし、より確実にふっくらと仕上がるのです。

特に最近では、ハロウィンのお菓子を作るためのグッズもお店に行けばとても多く売っているうえ、ハロウィンのレシピやお菓子の作り方を題材にした料理本なども出版されています。また、クックパッドには実に豊富な種類のレシピが存在し、全国の方々から投稿された様々なアイディアは、きっと皆さんのお菓子作りにも役立つことでしょう。

時間がない中でもきれいなお菓子を作るために一番重要なポイントは、材料が少なく単純なものを選ぶことです。時間がない中でいろいろな材料を用意するのは大変ですし、材料を用意するのに時間をかけてしまって実際の調理がおろそかになってしまっては元も子もありません。

(3)お菓子の作り方を紹介

最後に、ハロウィンのお菓子の代表例とその作り方を紹介していきたいと思います。

①クッキー

105
画像出典:http://cookpad.com/recipe/4095708

まずは、一番の定番ともいえるクッキーです。生地をつくり、そこから好きな形をくりぬいてオーブンで15分前後焼けば完成です。1~2人分のクッキーのレシピの一例を紹介します。

材料:

・かぼちゃ 100g

・小麦粉 100g

・砂糖 30g

・バター 50g

・卵黄 1個

・牛乳 大さじ2

 

作り方:

1.あらかじめバターと砂糖を出しておき、室温に戻しておきます。

2.かぼちゃを小さくカットし、器に入れラップをして500Wの電子レンジで3分30秒加熱します。

3.かぼちゃが熱いうちに潰しておきます。

4.バターと砂糖をよく混ぜ、しばらく混ぜたらそこに卵黄、小麦粉の順で加えて混ぜます。

5.「4」に潰したかぼちゃを混ぜ、さらにそこに牛乳を加えて、生地がまとまったらこれをラップの上に置き、延ばします。

6.180℃のオーブンで15分焼き、きれいな焼き目が付いたら完成です。

 

②マフィン

106
画像出典:http://cookpad.com/recipe/4073115

また、あのマフィンも案外簡単に作れてしまいます。クッキーとおなじ生地に、牛乳を入れてカップケーキの型に入れて、オーブンで焼くだけで、マフィンそのものは完成です。その上に乗せるトッピングのチョコなどは、最近では市販のものもあるのでそれを使えばとても楽に作ることができるでしょう。

材料:

・ホットケーキミックス 200g

・卵 2個

・牛乳 70cc

・サラダ油 大さじ1

・メープルシロップ大さじ1〜2

・かぼちゃ 1/6個

・オレオ お好みで

作り方:

1.かぼちゃは適当な大きさに切ってレンジで加熱し、熱いうちに潰します、この時オーブンは160度に予熱を始めておきます。

2.ボールに卵を溶きほぐし、牛乳、サラダ油、つぶしたかぼちゃの順に加え、よく混ぜます。

3.ホットケーキミックス100gを加えてしばらくよく混ぜた後、残りのホットケーキミックスを加え混ぜます。

4.さらに、くだいたオレオを加えて混ぜます。

5.マフィンカップに入れトッピングにオレオをのせて予熱したオーブンで約20分焼き、完成です

 

(4)子どもと一緒に作るには?

107

お菓子を作っている間も子どもの様子はしっかりと見ておかなければならない、ということに悩む方もいるかと思います。そんな人たちのためにお勧めするのが。一緒にお菓子作りを楽しむことです。ハロウィンのお菓子作りは、子どもでも参加することができます。

特に今回紹介したクッキーやマフィンは子どもも楽しんでくれます。クッキーやマフィンを作るにあたって、混ぜるという作業が頻繁に出てきます。お母さんにとっては面倒な混ぜる作業も小さな子どもならば、いろいろな材料を一緒にして、かき混ぜるという行為を非常に面白く感じ、楽しんでくれます。

また、上記以外のレシピでも、小さな子どもは混ぜたりこねたりということを好むので、お菓子作りを一緒に楽しめることは間違いないです。

ただし、今回のレシピでも熱い材料を扱ったり、オーブンで焼いたりする部分がありますが、そういったところでは子どもが触ったりしないように気を付けてあげなければなりません。

 

(5)最後に

108

一見難しそうに見えるお菓子でも、実は意外すぎるくらいに簡単に作ることができてしまうということがお分かりいただけたでしょうか?ぜひハロウィンには手作りのお菓子を作ってみてください。