52

準備できていますか!?一生モノの七五三の写真

子供が大きくなっていく過程で、一番大きな行事の一つである七五三。一つの節目なので様々な準備に忙しくなることでしょう。その中でも一番重要であるといっても過言ではないものが七五三の写真です。三歳の頃の写真なんて、と思うかもしれませんが、この写真は一生ものになるのです。今回は、七五三が伝統的にはどのような行事なのか、そして最近の七五三事情、そして写真撮影にあたって必要な準備について説明します。

52

子供が大きくなっていく過程で、一番大きな行事の一つである七五三。一つの節目なので様々な準備に忙しくなることでしょう。その中でも一番重要であるといっても過言ではないものが七五三の写真です。三歳の頃の写真なんて、と思うかもしれませんが、この写真は一生ものになるのです。今回は、七五三が伝統的にはどのような行事なのか、そして最近の七五三事情、そして写真撮影にあたって必要な準備について説明します。

(1)七五三の伝統的なたしなみ方

 51

では、七五三は伝統的にはどのようなものか見ていきたいと思います。

七五三の起源は?

七五三のように、子どもの成長を祝う行事は、平安時代頃のはるか昔から行われていたと考えられます。

そして、明確にそのような固定化された儀式のようなものが行われ始めた時期は、江戸時代初期までさかのぼります。

なぜ七五三が祝われているの?

現代の発展した高度な医療、そして徹底された衛生管理の下では、乳幼児の死亡率は非常に低く、多くのお子さんが三歳や五歳、七歳を迎えることができています。

しかし、その昔は乳幼児の死亡率が非常に高かったため、男の子は無事に三歳と五歳、女の子は三歳と七歳を迎えたときにお祝いをするようになりました。これが七五三の起源です。

なぜ11月15日なの?

最初におこなわれたのは16811115日に、徳川幕府第5代将軍徳川綱吉の長男であり館林城城主であった徳川徳松の健康と長寿を願うためであったとされています。七五三を1115日に行うのはこれが理由です。

その後、江戸時代初期は主に公家や貴族、旗本や大名などの武家を中心にこのような行事が行われており、それが徐々に庶民にも広まり江戸時代末期には現在と同じように非常に幅広く知られ、庶民から公家まで多くの人が七五三を行っていました。明治時代に入ると、現在のように七五三と呼ばれるようになりました。

伝統的な七五三とは?

伝統的な七五三では、男の子は無事に三歳と五歳、女の子は三歳と七歳を迎えたときに晴れ着を子供に着せ近所の神社にお参りに行き、これからの健やかな成長を祈ることが通例です。

三歳には、子どもの髪の毛が生えそろう頃であるため「髪置」という儀式を、五歳の男の子には初めて袴を着させる「袴着」という儀式を、そして七歳の女の子には「帯解」と言って着物を留めていた紐を外し、大人の女性が着用する丸帯に変える儀式を行います。また、子どもが千歳飴をもらうことも、伝統的な行事のうちの一つです。

(2)最近の七五三

 53

一方、最近の七五三事情はどのようになっているのでしょうか。

まず最近の傾向としてよく見られるのが、子どもが晴れ着ではなく、洋服で七五三をすませるという点です。

子どもの服ではあるものの、晴れ着などはとても高くついてしまう上、特に三歳の時は子どもをおとなしくさせるのも大変なのに、さらにその子どもに晴れ着を着させるのは大変すぎるという理由で敬遠される場合も多いです。

それと関連して、最近では着物のレンタルなどのサービスも開始されています。

また、女の子は3歳と7歳で服装が違うので、多くの家庭で2回やるものの、男の子の場合は、3歳と5歳であまり違いはないので、5歳だけしか七五三を祝わないというエースも増えてきているようです。

(3)七五三の写真は特に重要!

 56

では、いったいなぜ七五三の写真は重要なのでしょうか。

まず、七五三の写真は多くの場合、人生でもあまり多くない写真館での撮影です。なかなかない機会を十分に活用するためにも七五三の写真はしっかりと準備してとったほうがよいでしょう。

そして、七五三の写真は成長の記録としていつまでも取っておく記念の一枚です。

特に女の子にとっては、七五三が初めてのお化粧、という場合も少なくありません。

そのような小さいけれども確かな年齢の積み重ねを記録した写真は、撮った直後のみならず、何年も何十年も先になってもふと見返して、幼少期の思い出に浸れる貴重な財産となるものです。

七五三の写真を撮るときはしっかりしたところにしっかりと前々からお願いしておきましょう。

(4)最後に

 54

七五三は、子どものこれからの健康を祝う非常に重要なイベントです。その中でも写真は非常に深い意味を持つものでもあるので、しっかりと計画を立てておきましょう。