imac-605421_960_720

由来は?お祝いは何歳から?敬老の日について徹底解説!

秋の連休はシルバーウィークと呼ばれ、近々迎える敬老の日も、シルバーウィークに含まれます。1年の中に祝日はたくさんありますが、今回は敬老の日にフォーカスを当てて紹介します。

imac-605421_960_720

秋の連休はシルバーウィークと呼ばれ、近々迎える敬老の日も、シルバーウィークに含まれます。1年の中に祝日はたくさんありますが、今回は敬老の日にフォーカスを当てて紹介します。

敬老の日はいつ?

thinking-272677_960_720

敬老の日はいつ?と聞かれて正確に答えられる人はあまり多く無いでしょう。というのも、現在は年によって敬老の日の日付が変わるからです。現在の敬老の日は、国民の祝日に関する法律により、9月の第3月曜日と定められています。

これは、ハッピーマンデー制度と呼ばれる制度に従ったもので、国民の祝日の一部を固定日ではなく、特定週の月曜日しようという取り組みの一部です。公務員や大規模企業では週休2日制が広く浸透していたため、このような制度ができたという背景があります。

ハッピーマンデー制度自体は2000年に制度の適用が始まりましたが、敬老の日は2003年に9月第3月曜日に移動しました。それ以前は9月15日が敬老の日となっていました。

敬老の日ってどんな日?由来は?idea-935587_960_720

国民の祝日の一つである敬老の日ですが、どういった意味があるのでしょうか? 国民の祝日に関する法律には「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨とした祝日であると記されています。

敬老の日の由来は奈良時代まで遡る?

敬老の日の由来にはいくつかの説があります。まず一つ目の説は、聖徳太子の時代、すなわち奈良時代までさかのぼります。西暦593年に四天王寺を建立した際に、お年寄りや不自由な人、孤児などを収容する「悲田院」という施設を開きました。この施設を建てたのが9月15日であるといわれています。しかし,具体的な記録は残っておらず,あくまでも説ということです。

元号に「養老」

二つ目は養老の滝に関する説です。ある若者がおいしいお酒の流れる滝で足を滑らせ、そこで汲んだ水をひょうたんに詰めて持ち帰りました。彼の父親は酒好きで、この水を飲んでとてもおいしいと喜びました。

その噂を聞きつけた天皇が視察に行き、この滝のことを養老の滝と呼びました。この視察の時期が9月下旬だったのではないか、という説があります。実際にこの時、年号を「養老」に開眼しており、西暦717年から724年までは養老という元号を使っていました。

兵庫県発祥? 「としよりの日」説

最後は「としよりの日」説です。1947年、兵庫県多可郡野間谷村で門脇政夫村長と山本明助役の2人が提唱したのが始まりです。

彼らは農閑期の9月15日を「としよりの日」としました。しかし「としより」という表現が良い言葉ではないとされ、1963年には「老人の日」という名になりました。これが転じて「敬老の日」と現在でもなじみのある名前になった、という説があります。

何歳からお祝いされるの?

grandma-86649_960_720

敬老の日は何歳からお祝いされるのが普通なのでしょうか? 自分の親がお祝いされる年齢なのか、などと迷うことはたくさんあると思います。結論から述べると正確に年齢による線引きはありません。

考えの助けになるものとして、高齢者が65歳以上の方という定義があります。高齢者であれば敬老の日にお祝いされるのにふさわしいと考えてよいでしょう。

しかしまだそこまで老けてない、と考える方も中にはいらっしゃるので、本人の意見を一番に尊重するようにしましょう。一番大切なのは目上の人を敬うということです。たとえおじいちゃんやおばあちゃんでなくても職場の先輩や両親に対してしっかり感謝の意を表しましょう。

最後に

hand-619733_1280

敬老の日は,意識しなければただの休日にすぎません。ですが、意味を知ればまた違った一日に感じるでしょう。敬老の日の由来と意味を知って、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。