• HOME
  • ライフスタイル
  • 絶対に喜ばれる! 敬老の日に贈るプレゼントの選び方と演出方法
grandmother-453131_1280

絶対に喜ばれる! 敬老の日に贈るプレゼントの選び方と演出方法

敬老の日は、老人を敬い、長寿を祝うという目的で制定された祝日です。 この敬老の日に合わせてプレゼントを贈ろうと思っている人もいるでしょうが、どのようなプレゼントを選べばいいのか、どのように渡せばいいのか困る方も多くいらっしゃることでしょう。そこで今回は、絶対に喜ばれるプレゼントの選び方と渡し方について紹介していきます。

grandmother-453131_1280

敬老の日は、老人を敬い、長寿を祝うという目的で制定された祝日です。この敬老の日に、両親や祖父母に日頃の感謝や敬意をこめてプレゼントを贈るのは、近年ではごく一般的なことになっています。

しかし、どのようなプレゼントを選べばいいのか、どのように渡せばいいのか困る方も多くいらっしゃることでしょう。そこで今回は、絶対に喜ばれるプレゼントの選び方と渡し方について紹介していきます。

敬老の日とは

time-273857_1280

では、そもそも敬老の日とはどのようなものなのでしょうか。敬老の日は1966年に制定された国民の休日であり、従来は9月15日が敬老の日となっていましたが、2003年から改正祝日法、いわゆるハッピーマンデー制度が実施されたことによって、現在では9月の第三月曜日が敬老の日となっています。

この敬老の日の由来にはふたつの説があります。まず一つ目は、1947年に、当時の兵庫県多可郡野間谷村(現在の兵庫県多可町)の村長門脇政夫が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という理念のもとに9月15日に定めた「としよりの日」が由来であるという説です。

そして、もう一つは、聖徳太子が現在で言う老人ホームのような施設「悲田院」を設立したのが9月15日であるため、という説です。

現在の敬老の日の意義とは、祝日法第2条によると「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ということです。簡単に言うとすなわち、おじいさんおばあさんに敬いと感謝の気持ちを示し、その長寿を祝おうということです。つまり日頃の感謝を示すもっとも良い機会なのです。

詳しい敬老の日の説は次の関連記事で紹介しましたので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:由来は?お祝いは何歳から?敬老の日について徹底解説!

敬老の日のプレゼントの選び方

gifts-932349_1280

敬老の日の意義や目的、そして日頃の感謝を示す絶好の機会であるということはよくわかっていても、一番の問題は何を渡すかということになってきます。

自分の感覚と受け取る側の感覚に隔たりがあるのではないか……とプレゼント選びで悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。。ここでは、そんな一番難しいプレゼントの選び方について説明していきます。

まずは、敬老の日に贈られる最も人気で、最もはずれの少ないプレゼントの種類を紹介していきます。

プレゼントの王道、花束

bouquet-1246307_1280

まず一つ目に挙げられるのは、花です。どのような人であっても、花をもらってうれしくないという人はまずほとんどいません。色とりどりの花束が日頃の感謝の気持ちを色鮮やかに伝えてくれるでしょう。

しかし、鉢植えのものは根つくから寝付くが連想されてしまうので送ってはいけません。

関連記事に敬老の日におすすめの花の選び方を紹介してありますので、花束を贈る際には是非参考にしてみてください。

関連記事:敬老の日には花束を贈ろう! おすすめの花と花言葉は?

好みが分かっていれば……お菓子

bananas-282332_1280

もう一つの定番ともいえるものはお菓子です。ただし、好き嫌い、そして和洋どちらが好きかといった基本的なことはあらかじめ知っておく必要があるので注意しましょう。

注意が必要なプレゼント……ファッション類やアクセサリー類

jewelry-420018_1280

一方、贈るにあたって注意が必要なものは、服やアクセサリー類。これらは男性に贈ることはあまり多くはないでしょうが、女性に贈る場合でも特に好みが分かれやすいです。

受け取った側も、好みではないものはなかなか身に着けづらいですし、渡した側もせっかく渡したものを身に着けていないのを知ってしまったら悲しくなってしまうので、事前によく好みを調べておく必要性があります。

また、緑茶、ハンカチ、櫛は縁起の悪い言葉を連想させるため、そして下着類、筆記具、時計などは目上の人に贈ると失礼になってしまうので気を付けなければならないです。

敬老の日のプレゼントの渡し方

woman-400574_1280

最後に、渡し方の工夫についてです。もちろん、普通に渡すというのも手の一つではありますが、それだけではどこか物足りないという場合には、サプライズ演出を行うのも良いでしょう。

遠くに住んでいてなかなか会えない場合は、郵送するというのも決してダメではないですが、そういう場合でこそ、年に一回の敬老の日くらいは、直接訪ねてプレゼントを渡すのが良いでしょう。特に、めったに帰れていない実家である場合は、訪ねるということだけで十分なサプライズになります。

また、孫からもメッセージカードなどのプレゼントを渡すというのも、おじいちゃんおばあちゃんにとっては非常に喜ばしいことなので、孫から何かプレゼントを渡すというのもサプライズの良いアイディアでしょう。

メッセージカードを作る際も、ちょっとだけ手の込んだものを作ってみるのも良いのではないでしょうか

関連記事: 凝った演出で嬉しさ倍増! 敬老の日に贈る手作りカードの作り方

関連記事:何を書けばいいの? 敬老の日のメッセージの書き方とポイント紹介!

さいごに

love-826935_960_720

敬老の日とはなにか、そしてどのようなプレゼントをどのように渡せばいいのかについて説明してきました。縁起の悪いものや、失礼のないようにプレゼントを選び、みんなが楽しい思いでいられるような敬老の日を過ごせると良いですね。