room-boy-2132349__340

極狭スペースでも!勉強机周りの厳選収納術

子どもが成長するにつれて置くものが増え、手狭になっていくことの多い子ども部屋。物が多かったり広くなかったりといった子ども部屋の悩みを解決できる、限られたスペースを活用できる、素敵な収納術をまとめました。

room-boy-2132349__340

子どもの部屋は、成長に合わせて家具を変えたり模様替えをしたりするものですよね。そして、小・中学校に入学すれば学用品が増えたり、また子どもが成長するにつれてプライベートな空間になっていくため置くものが増えてきたりします。

しかし、最初に子ども部屋となった場所が手狭になったからといって、別の部屋に移動させるのは難しいですよね。そこで今回は、限られたスペースを有効活用するための収納術をご紹介していきます!

関連記事:実家ぐらしのシングルマザー必見!子どもと二人暮らしのはじめ方って?

 

▼部屋のスペース、足りていますか?

%e5%9b%b31%e3%80%80%e9%83%a8%e5%b1%8b%e3%80%80%e4%bf%ae%e6%ad%a3

まずは、子ども部屋にどんな家具を配置する必要があるのか考えてみましょう。子どもが何歳のときに部屋を作るのかにもよりますが、基本的には上の表のような家具が必要になってくることでしょう。もちろんこの表の内容は一例に過ぎませんが、成長するにつれて部屋に置くものがどんどん増えていくということがお分かりいただけるかと思います。

あまり子ども部屋が広くないという場合は、うまく家具の配置を考えないといけません。では、実際にどんな収納術があるのか見ていきましょう!

 

▼本棚

まずは本棚の収納術から見てみましょう。子どもの絵本はそんなに数が多くないので、本棚にただしまうだけではなく、表紙が見えるような置き方をしても良いですね。

背表紙が見えるようにしまうと、本を取って戻すときに並んでいる本の上に横向きに置いてしまうという子も多いですよね。それに比べて表紙の見えるような置き方は、見栄えもよく、取りやすく戻しやすい便利な収納といえるでしょう。本棚の下段部分はおもちゃを収納したり、上段に置ききれなかった本を収納して活用!

 

続いてこちらの収納。ぬいぐるみなども一緒に飾られていてオシャレですね!家族の共用スペースとなっているようです。

ファイルボックスに絵本をしまっておけば、ボックスごと取り出して子どもの近くに置いておくことも出来そうで便利ですね♪

https://www.instagram.com/p/BQ_aOUGjaDy

 

▼学習机の上

続いて、机に関するアイデアを見ていきましょう。最近は子ども部屋に机を置かずリビングで勉強をさせるというスタイルも広まってきています。どこに机を置いていても、机まわりの収納術はきっと役に立つはず!早速見ていきましょう。

https://www.instagram.com/p/BS9oxLigkum/

棚と棚の上に天板をおいて机にしていますね。土台となる棚も収納に使えて便利!

 

こちらは、押入れの戸を取って上段と下段の仕切り板を机にしているようですね。ちょうどいい奥行きもあり、下段部分に収納ボックスや本棚をいれることも可能。おもしろいアイデアですね♪

お部屋のレイアウトに合わせて壁も素敵に!安くてかわいいインテリアシートの活用法も要チェックです!

関連記事:100均インテリアシートでおうちを簡単リフォーム!

 

▼机の周辺

機能、たっぷり詰め込みました。欲しい資料にすぐ手が届き、収納に困る雑貨や本もスッキリ納まる。足元にもドドーンと収納。更には作業はかどる広めの奥行デスクスペース。詰め込みコンパクト。 ・ ◎ 商品ページはこちらから http://item.rakuten.co.jp/sumica/f802-g1010-100/ @sumicia.interior ・ ・ #デスク #パソコンデスク #ワークデスク #コンパクトデスク #オフィスデスク #PCデスク #本棚 #つくえ #机 #学習机 #学習デスク #書斎 #暮らし #家 #ナチュラル #ナチュラルインテリア #シンプル #シンプルライフ #インテリア #interior #スミシア #sumicia

A post shared by sumicia interior (@sumicia.interior) on

机の上下にたっぷり収納スペース!手が届く位置に色々なものをしまうことができて便利そうですね。

 

https://www.instagram.com/p/BS-_YKXlIUK/

こちらはクローゼットのなかを活用した机。上段は高めになっていますが、普段あまり使わないものをしまっておくのにピッタリですね。子どもが家を出たら、再びクローゼットとして使えるのも嬉しいポイントです。

 

白で統一された素敵なデスク周り。両サイドの収納ボックスには色々なものが入りそう!

 

▼まとめ

child-1568551__340

いかがでしたか?

子ども部屋のトラブルとしては、狭さのほかに落書きというのもありますよね。落書きの消し方や防ぎ方など、知っておきたい情報がぎっしり詰まった下記の記事も合わせてどうぞ。

関連記事:

賃貸住宅の壁を守れ!「子供の落書き」対処法&予防策

シングルマザー必見!損しない引越し術〜お部屋探しから引越し当日まで〜

入居審査の厳しい差別?シングルマザーの賃貸探しのコツ