• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーの悩みと解決への手立て〜仕事・子育て・お金〜
SMM4171

シングルマザーの悩みと解決への手立て〜仕事・子育て・お金〜

シングルマザーは仕事と子育ての両立が求められています。子育ても仕事も妥協したくない!そんなシングルマザーは悩みが尽きないものですよね。

SMM4171

シングルマザーは仕事と子育ての両立が求められています。子育ても仕事も妥協したくない!そんなシングルマザーは悩みが尽きないものですよね。

 

(1)シングルマザー悩みの種その1〜仕事編〜

SMM4172

シングルマザーの過半数が正規雇用ではなく、非正規雇用の仕事についています。これは出産、子育てを経て正社員として採用してくれる企業が日本にまだ少ないということがわかります。他にも子どもを保育園にあずけて仕事をしていたとしても、子どもの怪我や体調不良というようなことがおきたら職場から保育園にすぐに迎えに行かなければなりません。つまり子どもを保育園に預けたとしても子育てと仕事の両立には周りの理解や協力が不可欠であります。

つまり、シングルマザーがフルタイムの正社員の仕事を持っていても、子どものことで欠勤が続いた際には解雇ということも起こりかねないのです。こういったことから解雇というリスクを考えてあえて非正規雇用という選択をするシングルマザーもいることがシングルマザーの過半数が非正規雇用の仕事についている一因であると考えられます。

けれども子どもの将来を考えるとシングルマザーも安定した収入を得ることが必要になります。職場からの理解や、いざという時に助けてくれる親や友人など周りの協力があると安心して働けますよね?一人で抱え込まず、時には頑張りすぎないことも必要です。

 

(2)シングルマザー悩みの種その2〜子育て

SMM4173

シングルマザーは子育てと仕事のどちらもこなさなければならないので、やるべきことがたくさんあります。どうしても仕事の関係で子どもと過ごす時間が多くとれないのです。だから、仕事が休みの時は思いっきり愛情を注いであげてください。子どもも寂しいという思いを言えないでいるのかもしれません。

他にも母子家庭ということで、子どもにもシングルマザーにもつらいことがあります。例えば、保育園の父の日イベントや、小学校の親子競技などの参加です。本来ならば父親の参加を狙った企画でもシングルマザー世帯では必然的に母親参加になってしまいます。ほかにも、シングルマザーは子どもの成長の喜びを分かちあえる相手がいないということも問題の1つにあります。日々できることが増えていく子どもの成長について報告する相手がいないのは子育てへの不安につながることもあります。ここまでシングルマザー自身の子育ての悩みについて述べましたが、母子家庭ということで悩んでしまうのは母親だけではありません。

お父さんがいないということで子ども自身も悩んでしまうこともあります。子どもは時に残酷です。なんでお父さんがいないの?という問を平気でします。また、ほかの友達の家庭と自分の家庭が異なるということをコンプレックスに感じてしまうこともあるのです。そんな時は子どもの話を聞いてあげるということが必要になってきます。

 

(3)シングルマザー悩みの種その3〜お金編〜

SMM4174

AIU保険のAIUの現代子育て経済考2005によると出産してから子供を大学まで卒業させると約1640万円かかると言われています。特に負担が重いのは未就学児の時期の保育費と言われています。低価格の認可保育園に必ずしも全員がいけるとは限りません。また、母親も子供が小さいときは働くことが難しいので、シングルマザーは保育費の貯金をあらかじめ持っておくべきということになります。

養育費に比べ教育費は子供の進路によって金額が異なってきます。教育資金も子供が小さいうちから積み立てておくことが大切です。文部科学省の子どもの学習調査(平成24年度)によるとひとりの子どもが幼稚園から高校まで公立の場合の教育費は約504万円という見込みです。しかし、幼稚園から大学まで私立の場合ですと教育費は約2465万円かかるといわれています。また、私立の医歯薬系大学に通った場合はさらに多額の教育費が必要となっています。よって、シングルマザーは子どもの教育のためにもなるべくまとまった額の貯金が必要だといえます。

 

(4)最後に

SMM4175

シングルマザーということでの悩みは尽きませんが、子どものためにもまず自分を大切にして、健康的に楽しい子育てライフをおくりたいですね。