• HOME
  • 出産・子育て
  • 未婚のシングルマザーになるとは? 仕事との両立や支援制度10
smm4091

未婚のシングルマザーになるとは? 仕事との両立や支援制度10

最近は、シングルマザーが増えていると言われていますが、特に未婚のシングルマザーが増えてきています。今回の記事では、未婚のシングルマザーを支える様々な支援制度や、子育てと仕事の両立の方法についてまとめてみました。これから未婚のシングルマザーとなる方も、現在未婚のシングルマザーとして頑張っている方も是非参考にしていただければと思います。

smm4091

最近は、シングルマザーが増えていると言われていますが、特に未婚のシングルマザーが増えてきています。今回の記事では、未婚のシングルマザーを支える様々な支援制度や、子育てと仕事の両立の方法についてまとめてみました。これから未婚のシングルマザーとなる方も、現在未婚のシングルマザーとして頑張っている方も是非参考にしていただければと思います。

 

(1)未婚のシングルマザーになるって? 一般的な家庭とどう違うの?

smm4092

「母子家庭」といっても、未婚のシングルマザーと、結婚してから死別や離婚などでシングルマザーになる場合では、支援制度などに様々な違いがあります。大きな違いは、未婚のシングルマザーの場合は寡婦控除という税金が安くなる支援制度が受けられず、税金が高くなってしまうということです。しかし、未婚のシングルマザーであっても様々なひとり親向けの支援制度を受けることができます。

(2)未婚のシングルマザーはどうやって子育てと仕事を両立している?

smm4093

未婚のシングルマザーとして子育てと仕事を両立していくためには、実家の親のサポートが不可欠です。子どもが風邪をひいたときや、残業のときなどに保育園から電話がかかってきてしまうこともあるため、親に子どもを見てもらえると様々な面で助かります。また、実家の親の支援がなかなか受けられないという場合も、未婚のシングルマザー1人で育て続けるのは本当に大変です。自分が困っているときに助けてもらえるように、日頃から周りの人が困っていたら、できる限り助けてあげるようにしましょう! また、未婚のシングルマザーの家庭に対して、就業支援や金銭的な支援など様々な支援制度があるため、それらを上手く活用していきましょう。

 

(3)未婚のシングルマザー必見! こんなにあります支援制度10選!

smm4094

あまり知られていないこともありますが、未婚のシングルマザーのために様々な支援制度が設けられています。申請が必要なものが多いので、ここでしっかりとチェックしておきましょう!

①母子家庭等就業・自立支援センター
就業相談や就業支援講習会の実施、就業情報の提供など、各種の就業支援サービスを受けることができます。

②ひとり親家族等医療費助成制度
未婚のシングルマザーなど、ひとり親家庭の親と子が健康保険証を持って医療機関で診察を受けた場合、医療費の一部を助成する制度です。受給資格は各自治体によって若干違うため、詳細については各自治体のホームページをご覧ください。

③児童扶養手当
18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童を扶養するひとり親家庭が対象で、地方自治体から支給されます。所得制限があり、所得額に応じて支給金額が異なります。

④児童手当
子どもにかかる生活費を支援する制度です。子どもが海外に住んでいる場合は児童手当が支給されないことが多いため、注意が必要です。0歳以上中学卒業までの児童が対象となっています。児童手当は約9割の人が申請しているので、まだ申請をしていなかった人やこれから子どもを産む人は忘れずに申請しましょう!

⑤ひとり親家庭等の在宅就業支援事業
未婚のシングルマザーなどの在宅就業を推進するため、都道府県及び市が実施主体となり、業務の開拓や仕事の品質管理、従事者の能力開発、相談支援などを行っています。

⑥住宅手当
20歳未満の子どもを育てているシングルマザーで、月に1万円以上の家賃を払っている場合に支給されます。

⑦交通機関の割引
交通機関の利用を支援するため、バスや電車の料金が無料になったり、定期券の料金が割引になったりする制度です。地域によって条件や割引率が異なるため、各交通機関に問い合わせてみましょう。

⑧水道料金の割引
水道料金が全額免除されたり、大幅に安くなったりする制度で、未婚のシングルマザーの生活を支えてくれます。地域により実施されていないこともあるため、水道局に確認してみましょう。

⑨粗大ごみの処理手数料の減免
粗大ごみの処理手数料が減免される制度です。年間で粗大ごみの処理手数料が全額免除される数が決まっていることもあるため、お住まいの粗大ごみ受付センターへ問い合わせてみましょう。

⑩母子福祉資金貸付金
子どもの高校や大学進学、母親の経済的自立などのために、20歳未満の子どもを育てているシングルマザーを対象とした貸付制度です。公的な機関から、利息なしあるいは低い金利でお金を借りることができます。

 

(4)最後に

smm4095

いかがでしたか? 未婚のシングルマザーが受けることのできる様々な支援制度が設けられています。これらの支援制度を活用することで、未婚のシングルマザーの生活の助けになるかもしれません。各自治体などで様々な支援制度を準備しているので、受給条件を確認し、支援制度を上手く活用していきましょう。

(参考URL)http://rikon-isharyou-anshin.com/topics/single-mother-support/