2-1

シングルマザーの不動産屋選びってどうしたら良いの?

シングルマザーの不動産屋選びはとっても大変! シングルマザーというだけで話をきこうとさえしない不動産屋さえ存在します。悲しいことですがシングルマザーというだけで家賃収入が滞ると考える不動産屋もいらっしゃるのです。この記事を読んでくださった方の中にも実際に嫌な想いをした方も多いのではないでしょうか。だからといってお部屋探しは必ずしなくてはならないこと! 今回はそんなシングルマザーのための不動産屋さんの選び方をご紹介します!

2-1

シングルマザーの不動産屋選びはとっても大変! シングルマザーというだけで話をきこうとさえしない不動産屋さえ存在します。悲しいことですがシングルマザーというだけで家賃収入が滞ると考える不動産屋もいらっしゃるのです。この記事を読んでくださった方の中にも実際に嫌な想いをした方も多いのではないでしょうか。だからといってお部屋探しは必ずしなくてはならないこと! 今回はそんなシングルマザーのための不動産屋さんの選び方をご紹介します!

 

(1)こんな不動産屋には注意しよう! 

2-2

まずは「不動産屋」について理解しましょう。実は不動産屋は大きく2種類に分かれます。”仲介だけ”の不動産屋と、”管理もする”不動産屋です。家を借りる際には大家さん・管理会社・仲介者などが関わっています。仲介だけを行う不動産屋は、手数料と管理会社に払う礼金を取るケースがほとんどでしょう。一方、管理まで行う不動産会社は仲介の手数料は取っても礼金を取らない場合もあります。よって管理までする不動産屋の方がコストを抑えられることもあるのです。何軒か不動産屋を比べてみるとよいでしょう。また、管理まで行う不動産屋の場合以下3つの注意すべきポイントがおろそかになっていると物件の状態にも関係してきます。よく確認しましょう!

①電話の内容と情報が一致しない!
時には家を借りてくれる人を探すために良い情報を伝えてお客を呼び、実際にはあると言っていた部屋がない、なんてことも。そのような信頼に欠ける不動産屋は選ばない方がよいでしょう。

②情報を見せてくれない!
不動産屋の専用ページには管理状態や建物の構造についてなどサイトで閲覧できない情報もあります。快く情報を開示してくれる不動産屋ほど物件に自信がある証拠。開示ができない不動産屋には要注意です。

③接客態度が悪い!
あらかじめ予約や相談を申し込んだ際にどのくらい物件を用意できたか、親身になってくれたかも大切なポイント。親身になってくれない不動産屋は実際に契約を結んだあと何かトラブルがあっても一切話に応じてくれません。接客態度や対応で少しでも不満があった場合は我慢せずに、伝えるか他の会社をあたりましょう。特にシングルマザーの場合、親身になってくれると家賃補助制度についての情報も教えてくれる不動産屋もあります。ポイントを注意しつつ信頼できる会社を選びましょう!

 

(2)シングルマザーに“良い”不動産屋ってどんな不動産屋? 

2-3

前述したとおり、中にはシングルマザーというだけで話すら聞いてくれない不動産屋も存在します。ただ、一方でしっかりとシングルマザーのことを考えてくれている会社があることも事実です。シングルマザー向けの物件を持ち、見学させてくれる会社を探しましょう。やはり、シングルマザーの物件探しでポイントとなるのは、お子さんと安心して暮らせること! 見学を申し込み案内してもらう際には、周辺施設や治安などの情報も押さえておきたいですよね。これらを伝えてくれる不動産屋は地域に詳しく今後も相談しやすい関係になれるはずです。また、不動産の情報は毎日何かしら新しく入ってくるものです。新しい情報をすぐさま伝えてくれる不動産屋は、大家さんからも信頼されており良い物件情報を多く得られている会社であるケースが多いでしょう。渡された情報の公開日などを確認してみましょう。不動産屋の中には、自身の母もシングルマザーで、といった話を親身にしてくれる方もいます。自分が安心できる、長く付き合っていける不動産屋が一番“良い”不動産屋といえるでしょう。

(3)最後に 

2-5

今回はシングルマザーの不動産屋選びのポイントを書いてみました。地域や求める物件によっても不動産屋の規模も対応も変わってきます。不動産屋の中でも古くからの考えをもつ会社が残る一方で、誰もが安心して暮らせる住まいを探せるように少しずつ新しい取り組みが始まっていることも事実なのです。みなさんのお部屋探しに少しでもお役立てば幸いです。