151

風邪を引きにくい子供の特徴は?実践するべき風邪予防

季節の変わり目は非常に風邪を引きやすくなる。特に小さい子供は免疫力が弱く、すぐに風邪になってしまう。そして子供が風邪を引くと一番困るのは親御さんであろう。特にシングルマザーの場合、仕事を休まなければならなくなるので、できれば子供を風邪の予防をしたい。今回は風邪を引きにくい子供の特徴、風邪の予防方法について紹介する。

83

季節の変わり目は気温の急激な変化に伴って非常に風邪を引きやすくなります。特に小さい子供は免疫力が弱く、すぐに風邪になってしまうでしょう。そして子供が風邪を引くと一番困るのはそのお子さんの親御さんでしょう。特にシングルマザーの場合、仕事を休まなければならなくなるので、できれば子供を風邪の予防をしたいものです。今回は風邪を引きにくい子供の特徴そして風邪の予防方法について紹介します。

(1) 子供が風邪を引いてしまうとシングルマザーはこんなに大変

lgf01a201305231600

まだ幼い子供が風邪を引いてしまうと、困るのは親御さんです。子供を病院まで連れて行って最後まで治療を見届けるだけではなく、帰宅したあとも子供は幼稚園や学校には行けないので、家に残って看病する必要が出てきます。父親と母親がどっちもいる場合は両親の間で協力して一人にかかる負担が減りますが、シングルマザーの場合は非常に大変です。

たいていの場合シングルマザーは家周りの家事をすべて一人でこなし、かつ家庭を支える収入を単身で稼がなければなりません。このようにただでさえ忙しい日々に子供の看病に裂けられる時間はあまりないでしょう。子供が複数人いる場合も自明です。こういう事態にならないためにも子供に風邪の予防をさせる必要があるでしょう。

(2) 風邪を引きやすい子供と引きにくい子供の特徴

4084

幼稚園や学校に通っている子供の中には、季節の変わり目に必ずと言ってよいほど風邪を引いて、すぐに高熱を出して病院沙汰になる子供もいる一方で、出席日は欠かさず出席して、全く休まず毎年皆勤賞をもらっている子供もいます。体の弱い子供と強い子供の違いは一体どこにあるのでしょうか。風邪を引きやすい子供とひきにくい子供の特徴についてまとめてみました。

まず風邪を引きにくい子供に共通してよく食べる子であるのが特徴の一つです。一日三食をきちんと食べ、偏食がなくなんでも食べられる子供は栄養バランスが良いので、体の免疫機能がちゃんと働くようになります。反対に好き嫌いが多く、ご飯を食べる時間に規則性がない子供は風邪を引きやすい傾向にあるといえます。

二つ目に挙げられるのはよく遊び、よく寝ることです。やはり適度に運動する習慣がある子供は体力も体の丈夫さも違います。冬場の公園でも走り回る子供を見かけると思うが、そのような子ほど風邪を引かないようです。また、遊んだあとは体力回復のために良く食べ、そして十分の睡眠をとります。良い生活サイクルが出来上がっているので、免疫力アップにつながるのです。

(3) 子供の風邪予防

4404

生活習慣を正したら、免疫力が強くなり侵入する風邪の病原菌をガードできますが、風邪の病原菌自体を子供に近づけさせない工夫もしてほしいです。お母さんが子供にしてあげられる風邪予防策を紹介します。

子供の食事の多くはお母さんが作っているでしょう。バランスの良い食事はとても大切で、牛乳もしくはヨーグルトやチーズ、濃い緑色の野菜を多めに食べさせましょう。風邪予防に有効な栄養素はビタミンA群、ビタミンCそしてタンパク質です。

子供の服装にも注意してほしい点があります。それは冬場でも必要以上に厚着をさせないことです。寝る時は暖かくしてあげたほうが良いですが、子供はよく動くので、厚着の内側が汗でビッショリだとかえって風邪を引きやすくなります。

最後に最も大切なのはお母さんも子供もよく手洗いをすることです。病原菌は口や鼻から侵入するので、手に病原菌が付いていると知らないうちに体内に入ってしまいます。そのため帰宅した後まず手洗いを行って病原菌を取り除きましょう。

(4) 最後に

405

子供は風邪に関する医学知識に乏しいですが、親がきちんと生活管理してあげればかなり風邪を引く回数を抑えることができるはずです。普段からの心がけで病院まで付き添いに行くことが減り、親にとっても子供にとってもプラスになるでしょう。