• HOME
  • 出産・子育て
  • これだけは知っておきたい!シングルマザーの妊娠を助ける2つの制度
smm3115

これだけは知っておきたい!シングルマザーの妊娠を助ける2つの制度

最近は様々なライフスタイルが受け入れられる時代になってきて、シングルマザーとして生きる選択をする女性も増えてきました。しかしそうはいっても、まだまだ情報が足りず不安だらけの方も多いはず。とくに心配なのがお金の問題。援助金はでるのか、どうしたら貰えるのかなど、曖昧な知識では分からないことも多いですよね!そこで今回はシングルマザーとして妊娠するときに知っておいたほうが良いことを調査してみました!

smm3321

最近は様々なライフスタイルが受け入れられる時代になってきて、シングルマザーとして生きる選択をする女性も増えてきました。しかしそうはいっても、まだまだ情報が足りず不安だらけの方も多いはず。とくに心配なのがお金の問題。援助金はでるのか、どうしたら貰えるのかなど、曖昧な知識では分からないことも多いですよね!そこで今回はシングルマザーとして妊娠するときに知っておいたほうが良いことを調査してみました!

 

(1)シングルマザーで妊娠するってどうなるの!?

 smm3322

まず、シングルマザーになったときに直面するのが「不安」の感情。その不安には一人で子供を育てることへの心細さと、金銭面での心配があります。ただでさえ不安定になりやすい妊娠期に、このような不安を抱えるのはとてもつらいことですよね。一人で子育てをする心細さというのは、シングルマザーを決意した女性なら全員が通る道です。そのようなシングルマザーの不安を綴ったブログなども沢山ありますので、それらを読んで自分は一人ではないということを確かめるとすこしは気分が変わってくるかもしれません。

 

(2)シングルマザーとして妊娠する時に知っておくこと〜その1出産育児支援金〜

 smm3323

つぎに金銭面での心配事を解消しましょう。実は出産を病院でするのは健康保険適用外。保険が効かないので生むだけでも高額になってしまいます。そんな出産をするにあたって、まず知っておくべきは「出産育児支援金」というもの。これは国が42万円を出産時に支給してくれるというもの。病院で申請をし、直接国から病院に支払われます。もし42万円以上かかった場合はその差額を払うだけで済みますし、42万円以下の場合は差額申請書を提出すればその使われなかった分のお金が支払われます。これは非常にありがたい制度ですよね!絶対に申請しわすれないようにしましょう!

 

(3)シングルマザーとして妊娠する時に知っておくこと〜その2出産手当金〜

smm3324

 「出産手当金」も忘れてはいけません。出産のために会社を休むことになると思いますが、その間支払われなかったお給料が健康保険から「出産手当金」として支払われます。具体的には、出産予定日の42日前から出産翌日以後56日まで(多児出産の場合は98日)の範囲内で、会社を休んだ期間を対象に出産手当金は支給されます。その額は通常の報酬日額の3分の2。もしも退職することになった場合でも退職日の前日までに出産手当金の支給を受けていたり、すでに42日前が過ぎていて退職日も出勤していないのならば、引き続き手当金を受け取れますのでご安心ください。

 

(4)最後に

smm3325

きっと沢山の不安の中での妊娠期間になると思いますが、シングルマザーをサポートしてくれる制度は、わたしたちが思っているより充実しています。しかしそのことが認知されていないので、自分で調べ、知っていくしかないのです。様々な制度、サービスを利用してより快適に過ごせる妊娠期でありますように…!