• HOME
  • 出産・子育て
  • 1ヶ月の生活費と養育費いくら必要!?〜シングルマザーの収入と費用〜
smm382

1ヶ月の生活費と養育費いくら必要!?〜シングルマザーの収入と費用〜

子育てと仕事の両立が求められるシングルマザー。そんなシングルマザーの収入の平均と生活費と養育費についてについて知って計画的にお金のやりくりしませんか?

smm382

子育てと仕事の両立が求められるシングルマザー。そんなシングルマザーの収入の平均と生活費と養育費についてについて知って計画的にお金のやりくりしませんか?

 

(1)みんなどうなの!?シングルマザーの平均収入

smm3164

シングルマザーの平均年収は約213万円、つまり月収に換算すると約17万円。多くのシングルマザーの場合これに児童手当、児童扶養手当、児童育成手当などが加算されます。また、あまりにも月収が少ない場合は生活保護をもらえることもあります。しかしながら、一般的な父親のいる家庭の平均収入は約550万円、つまり月収45万円に比べると手当の値段を加算しても及びません。

これは父親がいない分家族の人数が少ないとしても、子どもの将来を考えると厳しい数字になっていると言えます。シングルマザーは保育園に子どもを預けていたとしても、怪我や病気によってはすぐに向かいえに行けなければならない。だから、シングルマザーは子育てと仕事の両立を考えると正規雇用の社員としての仕事を続けるのが難しく過半数のシングルマザーが非正規雇用で働かざるを得ないのです。

このことから、シングルマザーの収入が厳しい数字になっています。つまり、シングルマザーは自分の収入を把握して、子どもの将来に備えて計画的に出費を管理することが大切だと考えられます。

 

(2)どれくらいかかるの!?シングルマザー家庭の月平均出費

smm3163

まず、出費の多くを占めるのは家賃、光熱費、通信費、光熱費、保険代、になります。家賃は場所によりけりですが、光熱費は1万円前後、通信費は1万円前後でしょう。保険は0~2万円ぐらいになります。また、子どもが小さいうちは場合によっては養育費に多くのお金がかかります。よって、大体の月出費は10~20万ぐらいと言われています。また、子どもの将来の進学などためにも保険への加入や、貯金にもお金が必要になってきます。シングルマザーの収入から考えると計画的にお金を使ってやりくりしないと、家計を回すことができないことがわかります。逆に言うと節約を心がけて家計を管理することができれば、シングルマザーの収入でも子どもの将来に備えることができます。

 

(3)まずここを削れ!簡単に節約できるお得ポイント!

smm3162

まず削るべきポイントは食費ではないでしょうか?子どもが小さいうちはむしろ外食が手間にもなりうるので、なるべく自炊することで食費をおさえ健康的な食事をこころがけましょう。

またほかには今の時代スマートフォンでパソコンのかわりをすることもできるので、パソコンの通信を契約しないことで通信費の節約にもなります。

また、家賃と光熱費の節約に関してはケースによっては賃貸住宅ではなく実家で子育てしてしまうというのも一つの手です。子育ての先輩である自分の両親に気軽に子どもを預けることのできる環境であれば子どもの養育費の節約にもつながります。特に子どもが小さいうちはなるべくお金を節約して将来の進学などに備えて貯金をするべきなので、実家に住むというのも考えるべき策だと思います。

(4)最後に

smm3161

シングルマザーの収入はあまり多くはないので、無駄遣いは禁物です。きちんとやりくりすれば将来の資金の貯金もすることもできるので、未来を考えて家計をやりくりしていきましょうね。