• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーが乳幼児を育てる時に忘れてはいけないこととは!?
91

シングルマザーが乳幼児を育てる時に忘れてはいけないこととは!?

シングルマザーは、ただでさえ大変な子育てと、仕事を両立させなければなりません。生んだからには、シングルマザーでも赤ちゃんを立派な大人に育てあげなくてはならないというプレッシャーもあるでしょう。 そこで今回は、シングルマザーが乳幼児を子育てすることについてお話します。

91

シングルマザーは、ただでさえ大変な子育てと、仕事を両立させなければなりません。生んだからには、シングルマザーでも赤ちゃんを立派な大人に育てあげなくてはならないというプレッシャーもあるでしょう。

そこで今回は、シングルマザーが乳幼児を子育てすることについてお話します。

 

(1)乳幼児を育てる時に気をつけることはたくさん

92

乳幼児の時期は、一番手のかかる、お母さんが大変な時期です。

夜泣きがひどかったり、授乳にも一苦労であったりと本当に大変ですよね。自由に出かけることもままならないですし、お母さんの体はボロボロになってしまいます。育児はお父さんとお母さんの2人行ってもでも大変なものですがそれを一人でこなすのは、相当な負担がかかります。

 

(2)シングルマザーが乳幼児を育てることはどれだけ大変?

93

子育てにはお金が必要なもの。パートだけでは到底子供を養っていくのは難しいので、フルタイムで働いているお母さんも少なくないでしょう。 日中は、赤ちゃんを預けることで少し楽になるかもしれません。

しかし夜は、疲れて仕事から帰ってきても、子育てという大事な仕事が待っています。お母さんには休みがないのです。

 

(3)乳幼児を育てる時に忘れてはいけないこととは?

94

以上からわかるように、シングルマザーが仕事をしながら乳幼児を育てるのは相当大変なことです。

では、どのようにすればその二つを両立できるのでしょうか?

①必ずやらなければならないことを決めておく
一番いけないのは、仕事も子育てもあれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と考えて頭がパンクしてしまうことです。子育ても仕事もすべて嫌になって投げやりになるのは避けましょう。そうならないためにも、「これだけはこなさなければいけない!」というものを決めておきましょう。無理をする必要はありません。自分にできる最低限のことを決めて、その他は周りの人を頼っても良いでしょう。

②無理なことは後回しにする
掃除、洗濯、料理、仕事もしながらそれらを完璧にこなすというのは不可能なことです。少しは後回しにすることも必要です。一日置きに掃除と洗濯をする、などでも良いでしょう。何事も自分がしんどくならない程度に頑張りましょう。

③冷蔵庫をフル活用して、作り置きしておく
お母さんは母乳で赤ちゃんを育てるとなると、自分が食べる食事にも気を使わなければなりませんよね。仕事をしながら栄養をたくさん含んだバランスの良い食事を取るのは大変なことでしょう。そこで便利なのが、作り置き、です。ハンバーグを焼くだけの状態にしておいたり、また野菜などを冷凍状態にしておくと、いつでも食べられて便利ですよ!

④睡眠は、子どもも寝ている時に
生後約6ヶ月ぐらいになるまでの新生児は、赤ちゃんは夜にお腹が空いてしまうため、2時間起きや3時間起きに寝たり起きたりを繰り返します。そのせいでお母さんは睡眠不足に悩まされますよね。仕事にも支障をきたしてしまいます。その時期のお母さんは大変だと思います。しかし仮眠を10分程度とるだけでも疲れがだいぶ違ってきます。赤ちゃんのお昼寝する時間帯を見計らって仮眠を取りってみましょう。かなり疲れが軽減されるはずです。

 

(4)最後に

95

以上、シングルマザーが新生児を育てるときの注意点をご紹介しました。子どもはだんだん手がかからなくなるもの、辛いのはしばらくの辛抱です。辛くなった時には周りの人を頼ってもいいでしょう。おかずを外で買ってきたり、また買い物に行くのが大変な場合は宅配ネットスーパーの定期的に自宅に食料品を配達してくれるサービスを利用しても良いでしょう。無理をしない程度に頑張りましょうね。

引用出典:
http://新生児子育て.com/suiminbusoku.html
http://新生児子育て.com/suiminbusoku.html