• HOME
  • 出産・子育て
  • 離婚してシングルマザーになったら!?生活はどう変わるの?
51

離婚してシングルマザーになったら!?生活はどう変わるの?

もしも、離婚してシングルマザーになったら……。今後の生活費は? 仕事は? 親や子どもに何と伝えるか? シングルマザーになった時、生活は大きく変化します。決意をする前に、どう変わるのかを知っておきたいですよね。

51

もしも、離婚してシングルマザーになったら……。今後の生活費は? 仕事は? 親や子どもに何と伝えるか? シングルマザーになった時、生活は大きく変化します。決意をする前に、どう変わるのかを知っておきたいですよね。

 

(1)想像できますか?シングルマザーになった時

52

シングルマザーになった時を想像すると、不安でいっぱいになりますよね。まず、母子で生活が成り立つのか、生活費の問題があります。生活費ぎりぎりの生活では貯金もままならず、子どもが進学する時など、先が心配になってきます。離婚して母子家庭になったことを、周りからどう見られているかも気になるでしょう。いつかは説明しなければならない時が必ず来ます。何より、愛する子どもに離婚の事実をどう伝えるか。これはかなり勇気がいることでしょう。シングルマザーになる覚悟は相当必要そうです。

 

(2)シングルマザーになると生活はこう変わる!

53

シングルマザーになると、「自分ひとりで支えていく」ことに直面するのが、大きな生活の変化につながっていくでしょう。具体的にどう生活が変わっていくのか、「生活費」「仕事」「子育て」の3つの要素から見ていきます。

① しばらくの間は節約で生活費を確保
これまで共働きや専業主婦だったとしたら、家計をひとりで回していくのは、本当に大変なことです。金銭感覚をリセットさせて、生活費のやりくりに対し厳しくなる必要があります。無駄遣いはしないように心がけるのはもちろんですが、急な出費のために貯金は必要不可欠。病気や子どもの学校行事など、ふとしたタイミングでいきなりお金が必要になることは今後長い生活の中で十分にあり得ます。実際生活してみると、予想しない部分で出費がかさむことだってあるのです。子どもの学年や自分の仕事が安定するまでは、できる限り節約に徹するのがよさそうです。

② 雇用形態の見直しが必要
もし今までアルバイト・パートや専業主婦で生活をしていたとなると、お金の工面だけでなく生活の保障のために今後の働き方をしっかり考えたいところ。時給換算のアルバイト・パートは自分の状況に合わせてシフトが組みやすいのが良いですが、その分保険や制度が整っていない場合が多く、何かあった時の不安は大きいです。求人情報を見るとたくさんあるように見えますが、仕事が決まるまでには、案外時間が掛かるものです。履歴書を書き、面接を受け、合格してはじめて働くことができます。仕事はすぐに決まる訳ではないので、すでに働いているなら、新生活に慣れることを優先し、働きながら今後を考えるのがいいでしょう。

③ より限られた時間で子育てをしなければならない
愛する子どもとの向き合い方は確実に変わってくるでしょう。以前より長い時間働くとなれば、相対的に子どもと接する時間は短くなります。朝子どもを保育園まで送ってから夕方まで仕事をし、迎えに行って帰宅したらバタバタ家事をこなす日々……。無我夢中に働いていると、生活を成り立たせることが優先され、子どもと心から楽しく遊ぶ時間は減っていきます。また、今後子どもをどう育てていくか、その決定もすべて委ねられます。どんな習い事をさせるか、どんな学校に通わせるかなど、子どもにとって重要で大きな課題もひとりで立ち向かわなければなりません。

 

(3)シングルマザーになりたい人が覚悟すべき事とは!?

54

シングルマザーになれば、今の生活から心機一転、やり直せるのではないかと期待をする方も多いでしょう。しかしその分、仕事も子育ても全部「自分ひとりで支えていく」覚悟が必要です。生活やお金のやりくりといった金銭的な面が目に付きがちですが、精神的な面、特に子どもとの向き合い方もしっかり考えなければなりません。離婚した事実を幼い我が子に伝える覚悟はできていますか? ふたりきりで暮らす覚悟はできていますか? 子ども側の視点に立ってみることも忘れないで下さい。

 

(4)最後に

55

シングルマザーになることによる、「生活費」「仕事」「子育て」の課題を見てきました。大きく生活が変化するため、相当な覚悟が必要なのは間違いありません。周囲の支えや制度の活用など、しっかり準備をした上で決断する必要があるでしょう。