• HOME
  • 出産・子育て
  • 子供3人を育てるシングルマザーに知って欲しいあれこれ!
5141

子供3人を育てるシングルマザーに知って欲しいあれこれ!

シングルマザーで子供一人を育てるだけでも十分大変なのに、子供3人もいたら、どれだけ大変なんでしょう?端的に言ってしまえば、子供が増えれば増えるほど大変だと思います。でも、安心してください!節約術や、シングルマザー向けの支援制度を活用することで、シングルマザーライフが一転、明るい方向に進むと思います。あなたもこれらを活用させて、子供3人との生活を充実させませんか?

5141

シングルマザーで子供一人を育てるだけでも十分大変なのに、子供3人もいたら、どれだけ大変なのでしょうか? 端的に言ってしまえば、子供が増えれば増えるほど大変だと思います。でも、安心してください! 節約術や、シングルマザー向けの支援制度を活用することで、シングルマザーライフが一転、明るい方向に進むと思います。あなたもこれらを活用させて、子供3人との生活を充実させませんか?

 

(1)子供3人を育てることはどれだけ大変?

5142

内閣府が行った「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」によれば、子供が6歳の場合の子育て費用は平均120万円、中学3年生の場合は160万円にも登ります。驚きですね!子供3人の年齢に多少ばらつきがあっても、平均して一人100万円は必ず超えそうです。そうなると、3人で軽く300万円は超えます。私立に入れたら…大学費用は…と考えると、気が遠くなりそうです。

また、育ち盛りの子供が3人もいれば食費もかなりかさむと思われます。金銭面だけでなく、シングルマザーの精神面においても、3人の子供を育てることはかなり大変です。

一人育てるだけでも大変なのに、3人もいて、しかも一人一人が勝手に別行動をとってしまえば、シングルマザー一人の手では面倒が見切れません。

大変な一方で、兄弟同士仲が良ければ、お互いの面倒を見い、3人で遊ぶことが多くなるため、シングルマザーの負担が少なくなるというメリットもあります。

引用出典:
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/cyousa21/net_hiyo/mokuji_pdf.html

 

(2)子供3人を育てるシングルマザーにおすすめの節約術!

5143

お金はまず、用途ごとに一ヶ月の予算を決めておきましょう。その予算の上限を超えないよう、そして多少の貯金が残るように生活すれば、次の月の生活に少しでも余裕が持てると思います。また、家計簿はサボらずに、きっちりつけましょう。面倒臭がらずに、どんなに少ない出費でも、きっちりと記録しておくことが大事です。家計簿をつけたあとは、無駄遣いをしていないかチェックし、翌月のお金の使い方の参考にしましょう。家計簿をつける際のポイントは、決して自分を甘やかさず、シビアに記録を続けることです。

 

(3)子供3人を育てるシングルマザーに知って欲しい支援制度!

5144

国や、自治体が設けてるシングルマザーあての支援制度は、実はたくさんあります。あまり知られていないため、それらを活用できるかできないかはシングルマザー本人の情報収集によります。有名なものとしては、児童扶養手当や就学援助があります。それらの手当のほかにも、所得税や住民税の減免だったりと、減税や減免の制度も多岐にわたります。

種類が多いためややこしいですが、これらを攻略して、積極的に活用していきましょう。待っていれば誰かが教えてくれるわけではないので、積極的に自分からリサーチをするよう心がけましょう。また、生活に困っている他のシングルマザーがいれば、是非自分が知っている情報を共有してあげてください。

 

(4)最後に

5145

子供の数が増えれば増えるほど、シングルマザーとしての生活は大変になると思います。でも、子供が成長するにつれ、長男や長女が次男や次女の面倒を見られるようになり、子供に任せられることが多くなるため、少しずつ荷が降ろせるようになります。もちろん子育ては大変ですが、3人分の子育てには大変な充実感、また達成感も生まれてくるはずです。

上記の節約術や支援制度を活用し、子供3人を育てるシングルマザーライフを全うしましょう。